忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/25 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  ■


■2015/08/12 (Wed)
第2章 聖なる乙女

前回を読む
 若者が先頭になって、横穴へと入っていった。
 闇の奥から冷たい風が強く吹き付けてきた。それに風鳴りが気味の悪い唸り声に聞こえた。勇気の欠ける者ならば、それだけで逃げ出してしまいそうな不気味さだったが、しかし若者の心はぴくりとも動揺を起こすさなかった。
 洞窟は真っ暗で、天井が低かった。若者は身を低くして、そろりそろりと足を進めていく。
 ふと背後で、少女が何かに躓いた。

×××
「慎重に行きましょう」
少女
「そうですね」

 やんわりと緊張を挫かれた感じに、少女が苦笑いをした。
 洞窟の奥から、ささやかな光が漏れ入ってくる。光はそれだけだった。
 冷たい風は、奥へと入り込むと、いくらかやわらいだ。その代わりに、異形の者達がさざめく声が、奥の方から漏れ聞こえてくる。それがありもしない魔の気配を作り出すが、しかし全て風の音だった。
 若者が、荷の中から松の木ぎれを引っ張り出した。

×××
「松明を付けます」
少女
「待ってください。悪いものに気付かれます。私に任せてください」

 少女は短く呪文を唱えると、杖の先が鈍く光り始めた。さらに掌に光の珠が現れ、その光を若者の掌に移す。

少女
「ねっ、役に立つでしょ」

 少女は得意げに微笑む。若者も釣られて微笑みを浮かべた。
 洞窟は細く、狭い道ばかりが続いた。いくつにも分岐して、侵入者を迷わせる。若者と少女は、何度も行き止まりにぶつかり、その度に行ったり来たりを繰り返した。
 洞窟にはどこにも人の手が加えられた跡はなく、完全に天然の穴ぐらだった。妖精達の住み処で、ここでネフィリムに出くわす心配はなさそうだった。
 道は複雑に絡みながら、奥へ奥へと続き、間もなく風の音に子供の泣き声が混じり始めた。泣き声を辿って奥へ進んでいくと、空間が大きく開けた。
 広場には妖精達が一杯にひしめいていて、奥に祭壇のような物が作られ、そこに子供が置かれていた。祭壇の周囲で、妖精達が騒々しく儀式めいた踊りを踊っている。
 若者は剣を抜いた。

×××
「かなりの数です。どうします?」
少女
「もちろん戦います。やっ!」

 少女が飛び出した。かけ声と共に光の珠を放つ。突然の光を浴びた妖精達が、目を眩ませた。侵入者の存在に、混乱が広がる。

少女
「では前衛をよろしくお願いします」
×××
「了解しました」

 若者が広場に飛び出した。妖精達はキイキイ声を上げながら、若者に飛びかかってくる。数は20を越えている。いずれも身の丈が小さく、力も強大ではなかったけど、数が多く、それに爪も牙も鋭かった。
 若者は向かってくる妖精を剣で振り払う。若者の剣術でも、妖精はなかなか捉えられない。
 妖精達はチョコチョコと動き回って若者を翻弄した。キイキイと耳障りな音を立てて挑発する。
 若者の不意を突いて、妖精が飛びかかってくる。避ける間がなかった。妖精が若者に縋り付いて、身体を爪と牙でひっかく。若者は妖精を振り払い、斬り倒した。
 妖精は減るどころか、次から次へと横穴から飛び出してくる。若者は徐々に妖精達に追い込まれていった。
 妖精達が若者の体に飛びついてくる。遂に剣を振るう間がなくなってしまった。若者は妖精達に突き倒され、目の前に斧が迫る。
 瞬間、光が走った。妖精が悲鳴を上げながら吹っ飛んだ。
 続いて小さな光があちこちで爆ぜる。若者に取り付いた妖精が、次々に弾け飛んだ。
 若者は咄嗟に跳ね起きた。すると地面に光るリングが浮かび上がる。ルーン文字がいくつも浮かんだ。
 魔方陣だ。
 若者は直感的に、リングの外に飛んだ。
 刹那、光が走った。爆音が轟く。妖精達が光に飲み込まれた。一瞬のうちに灰も残さず消滅した。
 残った妖精達が驚きと怯えでまごついている。若者は油断なく飛びつき、残りの数匹をなぎ払った。あとの何匹かは、闇の中へと遁走した。
 辺りは急速に静まり返った。魔法の余韻が尾を引くように、光がパチパチと爆ぜていた。

少女
「大丈夫ですか。申し訳ありません。警告する間がなくて」
×××
「いいえ。むしろ助かりました。お礼を言います。しかし肝を潰しました。あなたのような若き乙女が、あんな術に長けているとは」
少女
「あら、見た目より年寄りかも知れませんよ。私は今、バン・シーなのですから」

 少女は明るく笑ってみせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]