忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1078]  [1077]  [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  ■


■2016/02/22 (Mon)
第6章 フェイク

前回を読む

 やっと気分が収まったと思うと、朝になっていた。いつの間にか眠ってしまっていたみたいだ。
 顔を上げると、窓が淡く浮かんでいるのが見えた。部屋の照明は点けたままになっていて、ぼんやりとした光を投げかけていた。
 時計を見ると10時を回っていた。なんだかんだで熟睡したみたいだった。
 ゆっくりと体を起こして、足をベッドから投げ出す。服の下が気持ち悪いくらいに汗まみれだった。髪の毛も水をかぶったみたいに、肌に貼り付いていた。抱いたままのぬいぐるみが汗で濡れて、冷たくなっていた。枕にも汗の跡がくっきりと残っていた。
 溜め息を1つ漏らした。昨夜の不安は、胸の中に残っていなかった。眠っている間に、流れてしまったみたいだった。
 でも根本的には何も解決していない。コルリは誘拐されたまま、まだ戻ってきていない。
 ツグミは目元を拭った。顔全体が汗まみれになっていた。ぬいぐるみを見て、「お洗濯しなくちゃ」と思った。でもそれは後にしようと、ぬいぐるみを布団の上に置いた。
 ツグミは杖を手にした。ゆっくり体を立たせて、部屋を出た。
 そっと廊下に出て、辺りを見回した。男の人に鉢合わせたくないな……と思ったけど、誰もいないみたいだった。廊下は暗かったけど、朝の光に淡く浮かんでいた。
 ツグミはゆっくり階段を下りていった。やはり鑑識の人達はいない。帰ったあとみたいだった。でも人の気配はある。ちょっと警戒するくらいのつもりで、台所を覗いてみた。
 台所には木野がいて、テーブルに着いて資料を広げていた。
「おはようございます。もう大丈夫ですか」
 木野がツグミに気付いて、穏やかな感じでにっこり微笑んでみせた。
「あの、昨日はすみませんでした。なんか、私……」
 ツグミは深く頭を下げた。昨夜を思い出すと、気まずかった。あんなふうに泣いているところを見られてしまって……。
「いいえ、いいですよ。座ってください。コーヒーを淹れますよ。ツグミさんの家のものですけど」
 木野は気にしたふうもなく、椅子に座るように勧めた。
 ツグミは木野に会釈して、椅子に座った。
 座ると、木野がコーヒーをツグミの前に置いた。ツグミはコーヒーの中に角砂糖を5つ入れて、スプーンの先で砕きはじめた。
 それから、木野はそっとツグミに囁いた。
「高田さんね、あのあと反省していましたよ。配慮がなかったかなって」
 ツグミは、「えっ」と思って木野を見上げた。
 木野はツグミに片目を閉じてみせた。ツグミの顔に、ふっと笑顔が浮かんだ。あんな恐い顔の人でも、いいところはあるんだな、と思った。
 カップを手にして、コーヒーの湯気を鼻に当てた。柔らかなアロマの香りが、ツグミの不安を解きほぐした。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1078]  [1077]  [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]