忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  ■


■2016/02/18 (Thu)
第6章 フェイク

前回を読む

 と、そこまで話が進んだところで、高田がテーブルの側にやってきた。
「お待たせしました」
 高田は忙しそうにツグミの隣の席に座った。
 それから、三白眼で真っ直ぐツグミを見る。
 ツグミは、高田の獲物を狙わんばかりの眼光に「うっ」と身を引いてしまった。恐い。さっきの木野の話を、高田の三白眼で説明されると、緊張で堪えがたいものになっていたかも知れない。
「まず、ツグミさんに報告です。コルリさんが連れ去られた場所が明らかになりました」
「本当ですか!」
 ツグミは思わず声を上げてしまった。
「ここからコンビニ方面に坂道を降りて、角を1つ曲がったところです。近所の人が目撃していました。聞き込みをしたところ、みんな「間違いなくコルリさんだった」と証言してくれました」
 高田は、画廊の外の、事件があったらしい方向を眺めながら説明した。
 不意に、ツグミの頭にイメージが浮かんだ。
 青く影を落とす町の通りに、コルリが走っている。
 角を曲がろうとしたところで、突然にワゴン車が飛び出した。そう説明されたわけじゃないけど、ツグミは黒のワゴン車だとイメージしていた。
 コルリは足を止めて、身をすくめた。ワゴン車はコルリの前で駐まった。扉がばっと開き、巨人のような男が現れる。
 コルリは慌てて引き返そうとした。回れ右をする。でも咄嗟のことで体が動かず、振り向こうとして転んでしまう。
 その隙に、大男がコルリの体を掴んだ。多分、コルリは怯える姿を見せなかったと思う。掴まれながら、大男を振り返り、毅然と怒鳴ってみせただろう。大男の手から逃れようと、体を大きく揺さぶってみせただろう。
 しかし男たちの腕は強く、コルリを力尽くで引き寄せ、ねじ伏せて、それから拳で殴りつけた。
 コルリはプライドが強い。それでも決して悲鳴は上げず、あらん限りの声で大男を罵っただろう。
 でも、抵抗はそこまで。コルリはワゴン車の中に放り込まれ、連れ去られてしまった……。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]