忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/09/22 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  ■


■2016/02/20 (Sat)
第6章 フェイク

前回を読む

 そこでツグミのイメージは終わった。
 お父さんと同じだ。どうしよう……。
 ツグミは悪い夢を見た後みたいに、胸を押さえて喘ぐように息を漏らした。体は冷たいのに、ドクドクと存在感を強める心臓だけ、やたら熱を持っているように思えた。動かない左足がじわじわと疼き出して、痛みだけが這い上がってくるように思えた。
 吐き気がする。平衡感覚も怪しくなって、辺りを囲む光が、ツグミの周りをぐるぐる回転しているように思えた。
 痛み止めの薬飲まないと……。
 しかしツグミは白日夢を彷徨っていて、ここがどこなのかわからなかった。
「ツグミさん、どうかしましたか」
 誰かが、声をかけてきた。高田の声だと気付くのに、しばらく時間がかかった。
「え……。はい。あの、何ともないです」
 ツグミは反射的に顔を上げて返事をした。じわりと現実が戻ってきて、ぼやけた視界に高田の顔が浮かび上がってきた。
 高田と木野がちょっと顔を上げて、目線を合わせた。
「それじゃツグミさん、部屋に行きましょうか。今日はゆっくり休みましょう」
 木野が優しげな声になって、ツグミの手を握った。
「はい。すみません」
 ツグミは、木野に促されるようにゆっくりと立ち上がった。木野に杖を持たせてもらって、その後も付き添ってもらった。
 廊下に入ると鑑識の人がいて、何か調べているみたいだった。鑑識の人達はツグミと木野を見ると、軽く会釈して道を開けた。
 2階へ行くと、ツグミの寝室にも鑑識が2人ほどいて写真を撮っていた。木野が「もういいですか」と訊ねると、すぐに部屋を開けてくれた。
 ツグミは、木野に付き添われてベッドに横たわった。木野がツグミの体に、布団を掛けてくれた。
「……ぬいぐるみ」
 ツグミは呟くように言って、奥の棚に手を伸ばした。
 木野はちょっと慌てるように棚を振り返った。それから棚の側へ行き、そこにあるたくさんのぬいぐるみの中から、迷うようにしながら1つ持って戻ってきた。
 木野が持ってきたぬいぐるみは、卵形をした、全体が茶色で、耳と尻尾を付けたぬいぐるみだった。誰も信じてくれないけど、タヌキのぬいぐるみだった。
 一番のお気に入りじゃなかったけど、ツグミはお礼を言ってぬいぐるみを布団の中に引き込み、抱きかかえるようにした。
「ルリお姉ちゃん、助かりますよね」
 ツグミの声は弱々しく、泣き出しそうなくらいか細かった。
「大丈夫ですよ。コルリさんは絶対に助けます。警察に任せてください」
 木野はツグミの側に顔を寄せて、優しく囁くように言った。それでも木野の声が頼もしく響く感じだった。
 ツグミは小さく頷いた。思わず泣き出しそうになった。涙を見られるのは恥ずかしいから、ぬいぐるみに顔を埋めた。
「心配しないでください。今夜は、警察がつきっきりで警備をしますから。ここは今、世界で一番安全なところです。だからツグミさんは、何も心配せず眠っていてください」
 木野がツグミの頭をゆっくりと撫でた。
 ツグミはぬいぐるみに強く顔を押し当てた。溢れ出る感情を、必死に押さえようとして、体が震えた。
「それでは明かりは点けておきますね。私は部屋の外にいますから」
 木野が立ち上がる気配があった。ツグミはぬいぐるみを顔に押し当てたまま、小さく頷いた。
 木野が振り返る気配があった。ツグミはちらとぬいぐるみから顔を放して、木野の姿を探した。木野は部屋を出る時に、ツグミの目線に気付いて、笑顔で手を振った。
 パタン、と静かにドアが閉じられた。部屋はツグミ一人きりになった。静かだったけど、床の下からそわそわと人の気配がした。まだ警察の人が何か調べているのだろう。
 すぐにツグミの緊張は解けなかった。ぬいぐるみを抱いたまま寝返りうち、壁に体を向けた。
 突然に、感情が押し寄せてきた。恐ろしかった。私はどうなってしまうのだろう。ルリお姉ちゃんは助かるのだろうか。もしかしたら、お父さんみたいに……。
 ツグミは耐えきれなくなって、ぬいぐるみに顔を埋めて泣いた。誰かに泣き声を聞かれたくなかったから、声を押し殺した。体がしゃっくりするみたいに、ひくひくと震えた。感情は収まるどころかどんどん溢れ出して、胸も呼吸も苦しかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067]  [1066]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]