忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [111]  [110]  [108]  [107]  [104]  [102]  [99]  [98]  [95]  [93]  [41]  ■


■2009/06/30 (Tue)
RETAS STUDIO〔レタススタジオ〕

925f26c6.jpgレタススタジオとは、アニメーションの製作現場において、実際に使用されているアニメーション制作ソフトである。日本のアニメーションの現場では、100%このソフトが使用されている。テレビアニメはもちろん、劇場アニメや、オリジナル・アニメーション・DVD、さらにジブリやI.G作品なども全てレタススタジオで制作されている。
レタススタジオといえば超高級品で、最近まで30万円以上という価格だったが(初期のころは150万円)、2008年の12月、突如として3万円台に値下げされた。
もちろん、機能制限など一切ない完全版だ。そこそこのパソコンの性能さえあれば(ちなみに、私のパソコンは2002年製で、デュアルコアも入ってないが、問題なく動いた)、実際にプロが現場で使用している作業が、全て自宅でできてしまうのだ。
では、レタススタジオで具体的にどんな作業ができるのか見ていくとしよう。
(ソフトの動作環境、値段、株式会社セルシスへのリンクなどは商品説明の下にあります)

STYLOS(作画)
レタススタジオは4+1のソフト分解されている。最初に紹介するのは作画用ソフトであるSTYLOSだ。
このソフトで、〔レイアウト、原画、動画、タイムシート〕といったアニメーションにおいて最も重要な工程のすべてが制作できる。
ワコム製ペンタブレットに対応しており、パソコン上への直接作画が可能である。アニメーション制作といえば大量の紙(動画用紙)が必要と連想されるが、レタススタジオとペンタブレットあれば、必要最低限の道具で、机の上を散らかす心配なく作業が進められる。最近は高級な液晶ペンタブレットもさほど高くはないから、一緒に購入するすることをお勧めする。
アニメーションツールとしての補助機能も多様である。動画用紙の透明度を設定できるし、順番を整理してでの「指パラ」も即座に行ってくれる。また原画やレイアウトの下に、一枚だけ画像資料(設定や写真、3Dデータなど)を半透明状態で置き、それを参考に絵を描ける。このツール一つで、下書きから動画の完成までのすべてを行える。
STYLOSでの作画作業が終了すれば、次は「彩色仕上げ」である。

PAINTMAN(彩色仕上げ)
一見すると、普通のペイントツールのように見えるが、アニメーション制作ソフトらしい特徴を備えたソフトである。
まず、塗り漏れしそうな線と線の切れ目を感知し、自動的に防ぐ機能。トレスミスによる線の揺らぎを修正し、綺麗に引きなおす機能。塗り忘れを防ぐ機能。さらに、一度引いた線をボタン一つで太くしたり細くしたりなどが可能である。また、重ねた動画の、同じ領域を一気に彩色する機能などもついている。
ところで、各ソフト間のデータの受け渡しは、「カット袋」を使用する。カット袋とは、中に原画やレイアウトや背景などを入れ、各現場を持ち運びする袋である。
もちろん、本当のカット袋があるのではなく、パソコン上に架空のカット袋を作成し、そのカット袋で各ソフト間の受け渡しするのである。STYLOS(作画)で作成した動画や背景をカット袋に保存し、「書き出し」を行い、PAINTMAN(仕上げ)に受け渡す。それから、同じく「書き出し」を行い、CORE RETAS(撮影)にデータを受け渡すのである。

TRACEMAN(スキャン・トレース)
作画→仕上げ→撮影といった流れとは別に、画像をソフトに取り込むためのツールである。
例えば、レタススタジオ以外のソフトで画像を作成した場合だ。フォトショップやペインターといったツールで画像を作成し、レタススタジオに取り込む場合、このTRACEMANが使用される。おおよその作業はSTYLOSでも行えるが、だがやはり限界やソフト特有の癖がある。そういった場合、別のソフトで画像を作り、取り込む場合にTRACEMANが活用される。
また、手書きで動画用紙に作画を行った場合も、TRACEMANで取り込むようになっている。ここで取り込んだ画像を、PAINTMAN(彩色)あるいはCORE RETAS(撮影)に受け渡すのである。

CORE RETAS(撮影)
作画、彩色と進めたカットを、最終的に纏め上げ、特殊効果などを追加するソフトである。この段階において、動画と背景が一つになり、実際の動作を確認できるのである。
また、CORE RETASを使って様々なエフェクトを追加することもできる。例えば止めの動画をスライドさせたり、画面に効果をつけて古ぼけた感じにしたり、印象的なセピアカラーにしたりなどができる。
CORE RETASで一つのカットは完全な形として完成され、次の作業である編集に進む。

Movie Edit Pro(編集)
CORE RETASまで進めた作業は、あくまでも断片的なカットである。完成に向けた編集は、このMovie Edit Proを使用する。
このMovie Edit Proは、レタススタジオとは別のツールである。だが機能面はプロ使用で充実しており、このソフト一本でカットの編集、音楽とアフレコの合成などが行える。
ただしツール自体の使い勝手は、とてもいいものとは言えない。広告には「直感的に使用できる」と説明されているが、広告どおりには使用できない。使われている用語は聞き覚えのない奇怪な専門用語ばかりだし、何をいじったらどうなるのかまったく理解できなかった。もしかしたら使えこなせれば良ツールになるのかもしれないが、私はこのソフトの1%の力も引き出せなかった。



レタススタジオは完全なプロ仕様の製作ソフトである。しかも、驚くような低価格で手に入る。レタススタジオは夢のようなソフトであり、夢を実現させられるソフトである。
ただし、実際に使いこなそうと思うと、高いハードルをいくつも越えなければならない。確かにプロが現場で使っているソフトそのままだが、だからといって「誰でも簡単にプロのような作品を制作できるソフト」ではない。実際に使ってみた感触は、非常に複雑で、自由に使いこなせるまでかなり時間が必要だと思った。
レタススタジオで使われている用語は、実際のアニメの現場で使用されているものが多いが、それでも初心者にとって難しいものだろう。熱心なアニメファンでも知らないだろう用語が、いくつも登場してくる。さらに、レタススタジオ独特の用語もいくつもあり、憶えようと思ったら、ちょっと大変だ。本気でレタススタジオを使いこなそうと思ったら、それ以前に勉強が必要そうだ。
はっきりいって、独学で使いこなすのは難しい。まず専門書店へ行き、ソフトのマニュアルを探すべきだろう。レタススタジオにマニュアルが付属されているし、ネット上に電子マニュアルも存在するが、これだけでは心細い。同梱のマニュアルは薄っぺらく、最低限の使用方法しか書いてない。電子マニュアルも親切なマニュアルとはとても言いがたい。同じモニター上にレタススタジオと被ってしまうし、しかも文字が潰れて非常に読みづらかった。
やはり専門書店などに出向いていき、実際に中身を見た上でマニュアルを購入するのがいいだろう。もし、それが難しいというなら、コンピューターに詳しい協力者を見つけるべきだ。そもそもアニメ制作は一人で担うにはあまりにも過酷なので、協力者の存在は絶対必要である。どちらの理由にせよ、信頼のおける協力者は必要だと思ったほうがいい。
それに、作品制作そのもののハードルとなると、さらに高くなる。まともに作品を制作するつもりなら、最低でもアニメ専門学校卒業くらいの知識、技術は必要だ。現場の経験があればもっといい。初心者はクリンナップ(線を整理すること。現場では「トレス」)すら満足にできないだろう。
すでに、ユーチューブニコニコ動画などに、レタススタジオを使用したと思われる個人製作作品がいくつか見られるが、基本ができていないものがほとんどだ。例えば歩きの動画に上下動がない。フォロースルーの概念がわかっていない。もっといえば、動画の詰め位置がおかしいなど、やはり素人の独学ではなくプロの現場経験は必要だと私は考える。
レタススタジオは、間違いなく夢のツールだが、その当人の実力以上の力を引き出してくれるツールでは決してない。根本的な絵の技術、シナリオの感性、その両方が容赦なく試されるソフトである。もし本当に自身に実力があり、才能(うぬぼれ)、野心があるならば、迷わずレタススタジオの購入をお勧めしたい。

動作環境(仕様は後に変更されるかもしれません。公式サイトで確認してください)
Microsoft Windows日本語オペレーションシステム
XP Home Edition(Service Pack2以上が必要)、XP Professional(Service Pack2以上が必要)、Vista Home Basic、Vista Home Premium、Vista Buiness、Vista Ultimate
※internet Explorer5.01以上必須。※Quick Time6.0以上推奨。※32bit版のみ対応。64bitでは動作保障はいたしません。※Direct9.0以上推奨(Stylosの3D機能を使用する場合)

コンピューター本体
PC/AT互換機のみ
上記OSがプリインストールされたパーソナルコンピュータ

CPU
Intel Pentiumプロセッサ及び互換プロセッサ
1.0GHz以上(2.0GHz以上推奨)

HDD空き容量
1.0GB以上必須(3.0GB以上推奨)、CoreRETASは3.0GB以上必須(6.0GB以上推奨)、アプリケーションインストール用:約300MB、データその他のインストール用:約2.0GB、作業領域として:約500MB以上(CoreRETASは2.5以上)必須(5.0以上推奨)

モニタ
XGB(1024×768)以上の高解像度ディスプレイ
フルカラー(24bit、1670万色)

タブレット
WACOM製タブレット
BAMBOO、FAVO、intuos、Cintiq、DTシリーズなど

値段36750円(税込み)
株式会社セルシス
レタススタジオサイト





拍手[2回]

にほんブログ村 アニメブログへ






愚痴です。非常に不愉快な内容を含みますのでご注意下さい。

新たな可能性

「新しい才能は、何年も続いた老舗からは生まれない。ガレージのなかで育まれる」というのが、私の考え方だ。
その業界に長くいる老舗的な企業は、予算が充分に使えるし、ユーザーからの信頼もあるから、安定した品質にある程度以上の購買層を獲得できる。しかし、老舗的な企業から思い切った何かが生まれることはないだろう。従業員に官僚的な刷り込みがあるし、老舗だからそこ新しいものへの冒険に躊躇してしまう。もしうっかり余計なものを作ってしまい、企業イメージに傷がついたりしたら多くの従業員を抱えるだけに大惨事につながりかねない。
だがガレージという場所は、若い連中が集まり、自由で独創的なアイデアに挑戦できる。熱意ある若者が集れば、少数で低予算でもひょっとしたら驚くような何かが生まれる可能性がある。それが時に、時代を切り開くキーになるのかもしれない。
新しい時代を作っていくのは、巨大な力を持った権力ではない。特に時代の変わり目に直面している時、巨大な企業は巨大ゆえにとっさの判断を見誤る。そうした時に、本当に力をもてるのは、ガレージのなかで育まれた才能なのである。

日本のアニメは、周知のように末期である。表現においても、ビジネスにおいても崩壊寸前であり、崖っぷちであり、背水であり、とにかく末期状態である。
日本のアニメの表現は、すっかり固定されたものに定着されてしまい、大きな変化や意外性をなくしてしまった。キャラクターの表現となると、もはや新しい可能性はないのかもしれない。
1週間のうちに、何本もアニメが放送されているが、どの作品がどう違うのか、ちょっとわからない瞬間すらある。アニメに無知な素人なら「どれも一緒でしょ」と一蹴してしまうだろう。
日本のアニメは、ストーリー構成にしてもキャラクター作りにしてもユーザーの意識にしても、完璧にカテゴリズムに固定されてしまっている。

ビジネスとしてもピンチである。いや、こちらは手塚治虫以来ピンチであり続けた。手塚治虫の時代から相当無理を重ねてきたのだが、あの当時から生活スタイルは変ったし物価は変ったというのに、肝心のアニメーターの給料自体はほとんど変化していない。
手塚治虫はアニメを「愛人である」と表現したから、儲けるつもりはまったくなかったのだろう。アニメで儲けるつもりのないビジネススタイルがそのまま進行し、うっかり現在まで至ってしまった。今でもアニメで儲けようなどとすると、「嫌儲」や「清貧」といった思想が儲けようという意志を弾圧しようとする。特に「オタク」と呼ばれる熱心なアニメファンほど、こういった傾向を強く持っている(ついでに言うと、現場でも「嫌儲」の意識は強い。現場のアニメーターが「ジブリは儲け主義に走っている」と批判する声を聞いたことがある。「この人、親の金で生活しているんだよな」と思ったが)
実際に現場へ行って話を聞くと、暗澹とした話題ばかり出てくる。どこのスタジオの社長がいくら借金をしているとか、このあいだ新設したばかりの製作所が何ヶ月で潰れたとか。で、プロデューサーが借金ほったらかして逃亡したとか。そういう話がうんざりするほど出てくる。
日本のアニメは、そもそも儲からない前提で発展してきた文化なのである。アニメを制作する行為は、儲けなしでリスクのみだけが突きつけられる。社長もプロデューサーもひたすら借金を重ねて、老後の貯金などは一切期待してはならない。そもそもの生活の保障すらされないのが日本のアニメの現実だ。
そんな社会で生きて行こうと思ったら、超人的な才能と、怪物じみた体力と、それから充分な親の財力(ある意味これが最重要)が必要である。
よくもまあ、こんな職業が現在まで生き残ってこれたものだと思う。東映と手塚プロがアニメーション制作を始めて、その道程に残ったのは名作の数々などではなく、累々たる屍の山だ。

ここでアニメーション製作ソフトであるレタススタジオの低価格販売は、アニメ業界に光を与えるのではないかと思う。
それまでのアニメーション制作は、プロたちによる絶対的な領域であった。素人には絶対介入不可の聖域であった。アニメーション制作は個人では手に負えないくらい大掛かりだったし、人数と予算が必要になる。絵を描く力があっても、巨大な撮影台を組んでの撮影など、素人には不可能な話だった。どうしても専門の職人の助けが何人も必要になるのである。
だが、レタススタジオさえ一本あれば、莫大な予算も職人の手助けも必要ない。才能と実力、あとは数人の協力者さえいれば、アニメーションの制作が可能になる。レタススタジオは、アニメーション制作から聖域をなくし、敷居を一気に3万円まで引き落としたソフトであるといえる。
作品の発表の場も、すでに無数に存在する。ユーチューブニコニコ動画、個人のブログやホームページなど、チャンスはあちこちにある。注目する人が現れれば、人はどんどん集まるし、利益を生み出してくれるだろう。
レタススタジオは、アニメーションの才能を広く発掘する切っ掛けになるかもしれない。意欲的な実験作品も、レタススタジオから出てくる可能性もあるだろう。ありきたりな美少女とロボットものばかり製作する企業作品より、よっぽど刺激的で、魅力に満ちた可能性を持っている。

これまで批評家が論じていた「作家性」の意味も、大きく変化するかもしれない。それまでは作家とは作品を統括する能力であり、集団作品でありながら個人を刻印できる能力を指していた。今後は、作品それ自体がイコールその人間であると言われるようになる。絵やシナリオや表現などすべてを含めて、その人間の個性であり、それが作家性と呼ぶものに変わる。そうすると、アニメーションは企業作品から個人の芸術へと移り変わるのだ。
さらにビジネスに対しても影響を与える。これまではアニメの利益は、おもちゃ会社とレコード会社が独占し、アニメーターには一切報いなかった(それ以前にボーナス出せるほど儲けがないのだが。おもちゃ会社がアニメを作ったために倒産するケースも多い)。だがアニメーター自身が作品を制作し、作品を発表するならば、その利益は確実にアニメーター自身のものだ。利益も評論も、企業ではなく個人と向き合う時代になるだろう。
それらがアニメーションの業界に影響を与えないはずがない。

だが、そんな変化を前にしても、アニメの現場での反応は、鈍感そのものであった。すでに個人製作のパイオニアである新海誠人という才能が登場しているが、業界の反応は冷ややかなものだった。アニメファンの熱狂とは別に、新海誠人を話題にするのは、せいぜい現場の底辺だけだった。アニメのトップにいる人ほど、個人製作アニメーションを見下し、新海誠人の登場を冷笑していた。「あんな奴がいくら出てきても、自分達の聖域は決して侵されない」とでも言いたげに。彼らには自分達の聖域が決して侵されないという、根拠のない自信だけがあるようだ。
アニメのプロは、業界という殻に守られすぎていた。今もアニメのプロは、自分の仕事に対して、何一つ危機感を持っていないだろう。ネット社会である今、多くの人が作品の論表を行っているが、現場の人間は「たかがネットの意見」程度で低く見ている。ネットの意見は、すでにかなりの規模の“大衆”の意見であるが、そういう意識は現場には皆無だ。ネットの意見は、下等な意見の集まりである、としか考えられていない。

だが、変化の足音は確実に迫っている。アニメーションの制作は、現場レベルで変わるかもしれない。レタススタジオの低価格化によって、誰でも手に入るようになったのだ。レタススタジオが切っ掛けになった作品が大量に生まれるとしたら、どうして企業作品がこれまでどうりシェアを独占できると信じられるのだろうか。
時代の変化をその本人が認識していようがいまいが、変わる瞬間はやってくるのだ。特に末期状態が延々続いたアニメは、むしろ変わるチャンスを喜ぶべきだろう。
「新しい才能は、何年も続いた老舗からは生まれない。ガレージのなかで育まれる」。レタススタジオを切っ掛けにどんな才能が生まれるのか、期待して見ているとしよう。

(本当言うと、しばらくは渾沌とするだろうな、と思う。どうでもいい素人作品が大量に生まれたり、企業作品が利益を守れず潰れたり。良質な作品を作ってくるアニメスタジオや、規模の大きな劇場作品を作れる場所は生き残ってほしいけど……。願わくば、企業も作品選びに慎重になるように変わって欲しい)
株式会社セルシス
レタススタジオサイト




PR
■ [111]  [110]  [108]  [107]  [104]  [102]  [99]  [98]  [95]  [93]  [41]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]