忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/11/19 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [855]  [854]  [853]  [852]  [851]  [850]  [849]  [848]  [847]  [846]  [845]  ■


■2015/07/16 (Thu)
第1章 隻脚の美術鑑定士

 暗い森の奥で、金色の光が射し込んでいた。光はきらきらと周囲に散って、緑の苔に覆われた幹をかすかに浮かび上がらせていた。
 夜の宴は始まっていた。妖精たちが集り、うっとりとした恍惚を浮かべて光の中を漂っていた。
 そこは人の住いから遠く離れた場所だった。人間の言葉も鉄の文明も知らず、草むらには靴の跡もなかった。獣たちは原始の時代から姿を変えず、永遠の神秘の中を今も漂っていた。宴が永遠に続く場所だった。
 突然に、電話が鳴った。
「ヒィ!」
 妻鳥ツグミは思わす声を上げてしまった。ぱたぱたと周囲を見回す。画廊に誰もいないのが幸いだった。ほっと胸に手を当てて溜め息をこぼす。
 夢から突然はっと目覚めた時のように、現実世界を確かめる。学校から帰ってきたばかりで、セーラー服姿のままだった。画廊に置かれた白い円テーブルの椅子に座って、それきり絵の世界に没頭していたのだ。
 電話は事務用品を入れた小さな棚の上で、遠慮なく鳴り続けている。ツグミは夢の中の気分を少し引き摺りつつ、杖を手にして左脚をかばうように立ち上がった。受話器に手を置いて、一度深呼吸をした。
「はい、妻鳥画廊です」
 気持ちをスッと入れ替えて、事務的な声で応対した。
 妻鳥画廊。兵庫区の古い趣を残す街並みに、ひっそりたたずむ画廊だ。それなりに歴史なり由緒なりのある場所だったが、今は訪ねる人もほとんどいない。展示している絵も僅かに数点だけだった。
「芦屋の山下ですぅ。美術鑑定を依頼したいんですけどぉ」
 おっとりと間延びするような感じの女性の声が聞こえた。言葉は丁寧だけど、神戸訛だ。
 ああ、山下さん……。芦屋の高級住宅街に住んでいる美術好き。電話してきたのは常駐の女中で、ツグミにとって馴染みのある声に喋り方だった。
「わかりました。30分ほどでそちらに行きますとお伝えください」
 ツグミはいつものフレーズを口にしつつ、壁の時計に目を向けた。3時半を少し過ぎた頃だった。芦屋に到着する頃には4時頃だろう、と簡単に計算した。
 女中は「はい、おまちしておりますぅ」とおっとりした調子で言い、丁寧に電話を切った。
 ツグミも受話器を置いた。椅子に掛けてあった丈の長いトレンチコートを羽織って、襟元に入った髪をすくい上げた。忘れものはないかな、とちょっと自分の体を見て確かめた。大丈夫そうだ。
 照明を落とし、「Closure」と書かれた緑の暖簾を入口のガラス扉に掛ける。ガラス扉全体が隠れる、大きな暖簾だ。
 出発の前に一度画廊の中を振り返った。誰もいない6畳ほどの小さな空間。暗くなりかける光に、壁の白が淡く浮かんでいた。画廊には接客用の円テーブルと、簡単な事務用品を入れた棚が置かれているだけだった。
 静かで誰もいない画廊。壁に掛けた絵が、ささやかな存在感を放っていた。まるで目を離した隙に動き始めるような、そんな生命感が絵に宿っているように思えた。
「行って来ます」
 ツグミは壁に掛けられた絵に挨拶をして、そっとドアを閉めた。

次を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [855]  [854]  [853]  [852]  [851]  [850]  [849]  [848]  [847]  [846]  [845]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]