忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  ■


■2015/09/16 (Wed)
第3章 贋作工房

前回を読む

 電話でのやり取りをコルリに説明し終えた頃、画廊の前に車が停まった。着替えている暇も、コンビニの牛丼弁当を食べている暇もなかった。
 画廊の外に出てみると、黒のトヨタ・クラウンが停まっていた。いかにもヤクザの公用車というような、異様な威圧感を持った車だった。
 助手席から、男が出てきた。男は巨大で、ツグミやコルリより頭3つ分は上だ。スーツの上からでもはっきりわかる筋肉質な体で、いかついコワモテ顔は、どう見ても一般人には見えなかった。それが葬儀屋のような黒のスーツを身につけ、壁みたいに立ちはだかっていると、間違いなくヤクザだった。
 巨人はツグミが持っていたプリケイド携帯を回収すると、何も言わず後部座席のドアを開けた。ツグミは判断に迷うように、ヤクザ顔の男を見上げた。「乗れ」だろう。
 コルリが先に乗って、ツグミに乗るように目で促した。ツグミは怖くて乗りたくなかった。でも、周りの雰囲気に押されて、仕方なく車に乗った。
 大男は助手席に戻ると、ツグミとコルリを振り向き、2人分のアイマスクを差し出した。「付けろ」だ。
 ツグミとコルリがアイマスクを付けると、車がスタートした。ただの一度も、誰も言葉を発しなかった。
 その後のことは、よくわからなかった。
 車はどこかを目指して進んで行った。体に移動感があったけど、どこをどう進んだか見当もつかなかった。聞き耳を立ててみても、エンジン音だけで何の手掛かりもなかった。
 かなり遠いところらしい。男達は敢えてなのか料金所を通過しなかった。ツグミとコルリに目的地のヒントを与えないためだろうか。
 時間がどれだけ流れたか皆目わからない。視覚を奪われると、時間感覚も麻痺する。その時間が数十分なのか数時間なのか――。何もわからなかった。
 ツグミはコルリの手を握った。コルリが握り返してくれた。怖かった。でも、コルリの手も汗でじっとりと濡れていた。コルリも緊張しているんだとわかった。
 ツグミはコルリのぬくもりと存在を感じて、少しだけ安心した。
 やがて車が減速した。どこかの駐車場に入ったらしい。ゲートをくぐり、下に降りて行く感覚があった。
 その後、車はゆっくり進み、次にバックして、やっと停車した。
「おい外せ」
 初めて男が口を聞いた。電話の声と違ったが、声量の大きいヤクザ声だった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]