忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  ■


■2015/09/17 (Thu)
第3章 秘密の里

前回を読む
12
 王の騎士団が山賊を追いかけていく。木立の中へ入っていき、斜面を駆け下りていく。その先は深い藪になっていた。
 山賊が散り散りになって逃げていく。騎士団が1人1人を追跡して、槍で斬り付ける。

騎士
「深追いするな!」

 騎士の1人がそう叫んだ。
 しかし功績を求める騎士たちがしつこく山賊たちを追いかけていく。
 不意に、藪から山賊が飛び出してきた。隠れていたのだ。山賊たちが次々と飛び出してくる。騎士たちは不意を突かれ、馬から突き落とされ、その斧の餌食になって仆れた。
 一瞬の反逆。深い藪に修羅が漂った。先頭を走る騎士団は、ほんのわずかな油断のうちに全滅させられてしまった。残る騎士団は、状況を見て、ただちに馬首を反転させる。

山賊1
「残りは全員やられたか……」
山賊2
「ここはもうおしまいだ。逃げるぞ」
山賊1
「いいや。仲間を集めろ。本部がどう言おうが関係ねぇ。戦だ! あの馬鹿王子の城を叩くぞ」

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]