忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/06/29 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  ■


■2015/09/19 (Sat)
第4章 王の宝

前回を読む
 オークは南へ南へと馬を走り進めていった。雲は暗く影を落として、晴れ間を見せない。風が不穏な気配をまとっていた。
 ようやくオークは、古里に辿り着いた。しかしそこにあったのは廃墟だった。家は崩され、畑は荒らされ、炭になった家の残骸が、まだ煙を残していた。
 オークは村の中へと入っていった。村人の名を呼ぶが、返ってくる声はない。寂しげな廃墟に、オークの声が孤独に返ってくるばかりだった。
 誰もいない。それこそ、村が壊滅した証だった。
 やがて雨が降り始めた。オークは馬と共に、屋根の残っている建物の陰に入る。雨は勢いが強く、雷鳴を連れて来た。
 風が壁のない建物の中に吹き込んでくる。オークはマントをまとい、雨に濡れる村の風景を眺めていた。そうして、しばし考える。

オーク
「……村は壊滅した。……しかし村人の死体は見当たらない。まだどこかで生き延びている……。だが何処に……」

 オークは王子から授かった指輪に目を落とす。

オーク
「王子に奉公して名を上げれば、村の人達が私に気付くかも知れない……」

 オークは空を見上げた。灰色に濁った空が、にわかに晴れつつあった。雨も勢いを弱めつつある。
 オークは馬に跨がって雨の中に飛び出した。進路を北に向けて馬を走らせた。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [921]  [920]  [919]  [918]  [917]  [916]  [915]  [914]  [913]  [912]  [911]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]