忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904]  ■


■2015/09/13 (Sun)
第3章 秘密の里

前回を読む
10
 森の中を山賊の一団が歩いていた。先頭を、山賊のボスが立っている。隠し砦を破壊された後だというのに、その顔には憂いはまったくなく、獣のような殺気をまとっていた。
 ボスに付き従って、山賊達が続く。山賊達は戦に備えて、武装していた。森の下草を遠慮なく踏みつぶして、まっすぐに進む。

赤毛のクワン
「お頭! お頭!」

 赤毛のクワンが横から飛び出してきた。

山賊のボス
「どうだった」
赤毛のクワン
「へえ。見付かりやした。墓場に間違いなく魔法の杖が隠されていやした」
山賊のボス
「そうか、よくやった。ただちに西へ行け」
赤毛のクワン
「はあ? でもこれから戦いが」
山賊のボス
「だから、だ。俺は死ぬかも知れん。ここの連中全員もだ。それでも避けるわけにはいかん戦いだ。俺達の名誉がかかっているからな。だがお前は生き残らねばならん。お前が知り得た情報は、確実に同胞の許に送り届けなければならん。俺達が長年探し求めていたお宝だからな」

 やがて森を抜ける。その向こうに草原が現れた。草原の向こう側には、すでにオーク達率いる村の一団が集まっていた。

山賊のボス
「さあ行け! お前は俺達と同じ運命を歩くな! 使命を果たせ!」
赤毛のクワン
「お頭……」

 赤毛のクワンは、ボスに1つ頭を下げると、その場から脱出した。


 オークがたちが山賊の一団を迎えた。オークが率いる村の人達と、山賊が向かい合った。オークの傍らに、鎧姿のステラの姿もあった。

オーク
「下がっていてください」
ステラ
「私にも守るべき名誉がある」

 オークとステラが進み出た。山賊のボスも進み出る。

山賊ボス
「良い心がけだな。その女を妻として差し出すのなら、見逃してやってもいいぞ」
ステラ
「貴様にくれてやるものなぞない」
山賊ボス
「ならば土地を捨てて出て行くんだな。でなければ村の宝を差し出せ」
オーク
「あなたに差し出すものはありません」
山賊のボス
「だったら奪うまでだ。全部蹴散らしてな」
オーク
「奪うというなら戦います」
山賊のボス
「はっはっはっ! お前ほど気分が合う奴は珍しい! よーし、殺し合うぞ! お前ら!」

 山賊のボスが仲間達に向かって唸り声を上げる。山賊達が声を上げて応じた。
 山賊のボスが自分の陣営に戻る。オーク達も自分たちの陣営に戻った。

村人
「いったいどうすれば」
村人
「戦うんですか」
オーク
「とにかく全力でぶつかって。数の上ではこちらが勝っています。あなたたちには若さがあります。とにかく戦って、生き延びてください」
村人達
「はい!」

 山賊達が威勢良く声を上げた。野太い声が平原一杯に広がる。
 オーク達も声を上げた。村人達の若々しい声が山賊達の声を圧倒する。森がざわめき、草原の草が揺れる。
 両陣営が突撃を始めた。全力で走り、肉薄する。激しくぶつかり合う。剣と剣がぶつかり合う。血が飛び交い、肉が弾け飛び、死体が折り重なる。若者と蛮族のぶつかり合いは混迷を深めていく。
 そんな最中――。
 草原の彼方からもう1つの声が木霊した。武装した一群が、戦いに加わった。

オーク
「ステラ……」
ステラ
「近隣の村に、協力を要請した。私にも譲れぬものはある」

 思いがけない助けに恵まれ、村の若者達がますます活気づく。山賊達を圧倒し、一気に追い込んでいく。
 山賊達は戦力を削がれ、いよいよ散り散りになって森に逃げていく。村人達が追撃する。山賊達の勢力は、まさに風前の灯であった。
 草原から強烈な風が過ぎ去ろうとする。戦いは今まさに終わろうとしていた。
 山賊のボスが、村の若者達の中にオークの姿を見付けた。オークも山賊のボスの姿に気付く。山賊のボスは狂気の目でじっとオークを睨み付けた。後ろに垂らした獣の髪を逆立てる。オークも山賊のボスに狙いを定めて、向かい合った。
 かくて両陣の頭領がぶつかり合う。剣が激しく重なる。唸り声と疾風がぶつかり合った。それは剣士と獣の戦いであった。
 剣が火花を散らし、鉄片が弾け飛ぶ。剣の戦いはオークが圧倒した。オークは山賊の剣を押しやり、弾き飛ばし、最後にその首を叩き落とす。
 オークは山賊の首を掴み、掲げた。若者達が熱狂の声を上げた。山賊達が驚愕を浮かべる。村人達が勝利を勝ち得た瞬間であった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [914]  [913]  [912]  [911]  [910]  [909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]