忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  ■


■2015/11/25 (Wed)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第4章 美術市場の闇

前回を読む

18
 コルリが戻ってきて、肘でドアを開けた。コルリはトレイに、水を入れたグラスと、雑炊を入れた鉢を載せていた。
 コルリが入ってきて、ヒナが体をもどかしそうに捩じらせた。起き上がりたいけど、起き上がる気力がないのだ。ツグミはそう察して、ヒナに被さるように背中に両腕を回し、体を起こさせた。
 コルリがヒナの前で膝をついて、心配そうにその顔を覗き込んだ。
 ヒナはツグミとコルリを安心させるみたいに、無理に微笑を浮かべると、コルリが手にしていたトレイを手に持ち、自分の膝の上に載せた。
 ヒナはレンゲを手にして、米をすくい、少しふうふうして口の中に運んだ。コルリはヒナが食べ始めたのを見届けて、部屋の奥まで「探検」をして、椅子を持って戻り、ヒナの手前に座った。
 しばらくツグミとコルリは、ヒナが食べるのを見守っていた。ヒナはゆっくりと米をすくい、時間をかけて咀嚼して、飲み込んだ。
「報告、しなくちゃあかんよね。あの絵画の鑑定は……」
 と区切りを置いて、ツグミとコルリを見た。
「判定は真画でした」
 弱々しい顔に微笑を浮かべた。いま気付いたけど、すっかり頬がこけていて、そのせいで微笑みが痛々しく見えてしまうのだ。
 ツグミとコルリは顔を見合わせた。コルリの顔に、安堵の喜びが浮かんでいた。
 ついでに、その時に集った“ミレーの権威”による会議で、ミレーの絵画に70億円という推定価格がつけられた。ヒナの目利きの正しさが完璧に証明されたのだ。
「よかったやん。これでヒナ姉、元通り仕事できるんやろ」
 コルリは嬉しそうに身を乗り出した。しかし、ヒナは寂しそうに笑った。
「残念。ミレーが真画だったのは、偶然でしょう、っていうのが美術館全体で一致した意見。だ~れも私の実力なんて信じてくれへんかったわ。さんざんやったわぁ。学芸員失格って言われちゃった。騒動を起こした責任とかで明日から京都の関連会社に異動。今夜で2人ともしばらくお別れや」
 ヒナは静かに語り、最後には声が泣きだしそう崩れてうつむいてしまった。
「そんな、偶然なわけないやん。ヒナお姉ちゃんの目利きが間違えるはずがない。あれは……」
 ツグミは慰めようと必死に捲くし立てるけど、途中で言葉を濁らせた。
 コルリに目を向ける。コルリは無言で首を振った。宮川の件は、まだヒナに報告していないし、今は言うべき状況ではない。
「ありがとう。でも、もう決定事項だから。クビよりマシやわ」
 ヒナは目元を拭いながら、呟く声を震わせていた。
「ヒナお姉ちゃん、京都のどこ? 何ていう美術館?」
 諦めるように、ツグミはヒナを覗き込んで話題を変えた。
「美術館違うんや。製薬会社。暗黒堂製薬。薬品のテストをやっている会社で、絵とは何の関係のない会社や」
 ヒナはちょっと声を明るくして、ツグミを振り返った。
 暗黒堂といえば、ミレー展の主催企業の名前だ。
 ヒナは医薬品免許も持っていた。修復の仕事は多くの薬品も扱う。物によっては、免許が必要なものもあった。
「明日から……。それじゃ、明日にはもう、おらへんの?」
 ツグミは泣き出しそうになりながら、身を乗り出した。
「うん、そうやな。着るもんだけまとめて、明日の始発には乗らなあかんのや」
 ヒナは頷いて答えた。「ちょっと旅行に行くだけ」という感じで言いたかったのかも知れないが、あまりにも場の空気が重かった。
 ツグミは、ついに耐え切れなくなって、ヒナの体にすがりついた。
「ヒナお姉ちゃん、私、寂しい」
 ヒナは雑炊をヘッドボードに置いて、ツグミを抱き寄せて、その頭を撫でた。
 ツグミはすぐに、あっと声を漏らし、顔を上げた。
「ごめん。服汚してしもうた」
 ツグミが顔をうずめたそこに、涙のシミがついてしまっていた。
「ええよ。どうせ明日の朝、着替えるし、それにもう見てくれるような人もおらんようになるしな」
 ヒナはおどけるように言って、ツグミの体を強引に抱き寄せた。
 ツグミは遠慮なく、甘えるようにヒナにすがりついて、すすり泣いた。
 コルリも上から被さるようにヒナに抱きついた。コルリはヒナの肩口に顔を押し当て、小さくすすり泣く声を上げていた。
「よし。じゃあ、今夜は皆で一緒に寝よう。もうずっと一緒に寝てなかったやろ。なっ、そうしよう」
 ヒナは明るい声で提案し、ツグミとコルリを見た。
 ツグミが顔を上げる。ヒナの頬にも涙の跡がいくつも浮かんでいた。
 ツグミとコルリは、ヒナの顔を見上げて「うん」と子供みたいに頷き、ヒナの体に抱きついた。
 そのままの格好で、3人は抱き合ったまま、眠りについた。
 ツグミの落ち込んだ気持は、ヒナのぬくもりに抱かれて、ゆっくりと癒されるようだった。いつ眠りに入ったか、記憶になかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [988]  [987]  [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]