忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/03/24 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  ■


■2015/11/23 (Mon)
※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

第4章 美術市場の闇

前回を読む

17
 12時を少し過ぎた頃、階段で物音がした。
 ツグミはあっとなって、本を閉じて杖を手にした。しかし、コルリが少しもたついてしまった。Photoshopを中断してパソコンの電源落とす。
 ツグミはしばしコルリを待った。その間に、ドアの向うで静かにロングコートが通り過ぎた。ヒナだ、と思うより先に、幽霊だ、と思った。
 やっとパソコンの電源が消えた。コルリと一緒に廊下に出る。ちょうど、ヒナが自分の部屋に入るところで、ぱたんとドアが閉じた。
 ツグミとコルリは部屋の前まで進み、まずノックした。
「ヒナお姉ちゃん、入っていい? 開けるよ?」
 耳を澄ませて、返事を待つ。返事の代わりに、聞こえてきたのは呻き声だった。
 ツグミとコルリが顔を見合わせる。今のは「いいよ」なのか「駄目」なのか。
「それじゃ、ヒナお姉ちゃん、入るからね」
 断ってから、ツグミはそっとドアを開けた。
 ドアを開けて右手に置かれているベッドで、ヒナがうつ伏せに倒れていた。コートを着たままの格好で、身動ぎもしなかった。
 明かりはヘッドボードのスタンドだけで、部屋はひどく暗かった。トレンチコートのパステルカラーも何となく色を失って沈んでいる。
 ベッドは両親が使っていたタブルベッドで、ヒナが1人で使っていると、少し広すぎるくらいに思えた。
「ヒナ姉、もう寝る? 明日にしようか?」
 コルリがツグミの脇から部屋を覗きこんだ。
「ううん。今にする。ご飯、持って来て」
 うつ伏せのままのヒナの言葉が、シーツに吸い込まれて消えそうだった。
 ツグミとコルリは無言で役割分担をした。コルリは1階に降り、ツグミが部屋の中に入る。
 ヒナの部屋は、もともと両親の部屋だ。ここにも壁一面の書棚があり、夫婦共用だった衣装棚が置かれている。今は全てヒナが1人で使っていた。
 ひどく散らかっている部屋だった。そこら中にヒナが脱ぎ捨てたものや、仕事から持ち帰った書類、図版、ゴミを包んだ袋、メイク道具が散乱している。
 一番奥の窓の前に、机が置かれているけど、そこまで行くにはちょっとした探検になりそうだった。その机も、物だらけで、使えそうにない。
 ヒナは仕事が忙しく、片付けをしている暇なんてないから、ツグミとコルリが掃除と整理する仕事を請け負っていた。しかし汚れるスピードは圧倒的に速く、一晩目を離した隙に部屋は荒廃してしまう。ヒナには部屋を汚くする特別な才能があるらしかった。
 ツグミは杖をつきながら、足元に散乱しているものを掻き分けて、ベッドの側に進む。
 ヒナはごろん、と寝返り打った。見るからに苦しそうで、深く息をしていた。
「ヒナお姉ちゃん、大丈夫?」
 ツグミはベッドの脇に腰を下ろしつつ、心配になって声を掛けた。ツグミの目には、ヒナが何かの病気をしているように思えた。
 ヒナは苦しそうに声を漏らすだけで、返事をしなかった。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [986]  [985]  [984]  [983]  [982]  [981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]