忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  ■


■2015/11/18 (Wed)
第6章 キール・ブリシュトの悪魔

前回を読む
 翌日の少し遅い朝。城の前に、セシルとオークを含む14人の戦士が集結していた。いずれも屈強の戦士で、血筋も由緒正しい勇者達であった。戦士達の召使いが、旅の準備の最終点検に忙しく動き回っていた。
 そんな一同の前に、バン・シーが現れ、戦士達を一瞥した。

バン・シー
「15人と言ったはずだが」
セシル
「そうは言うがバン・シーよ。戦の後でみな消耗しきっておる。一晩で精鋭を集めるにしても、これが限界だ」
バン・シー
「この国も優れた英傑は絶えつつあるというわけか。――まあいい。時間が惜しい。行こう」

 一同は馬に跨がり、城下を下りていった。
 城下では戦の残滓があちこちに残されていた。医院に入りきれない負傷した兵士たちが、あちこちに群がって治療を受ける順番を待っていた。
 街にはまだ賑やかさは戻らず、重い空気が漂っていた。街の人達は、遠征へ行くセシル達一行を冷ややかな目でちらと見て、それきり誰も相手にしなかった。
 兵士達の治療をする医者の中に、ソフィーの姿があった。ソフィーはオークの姿を見付けると、走り寄る。

ソフィー
「オーク様。ご無事でしたか。あれ以来姿が見えなくて、私は……」

 ソフィーは目に一杯の涙を浮かべて、頬は恋に燃える娘のように赤くしていた。
 オークもソフィーを案じていたが、しかし今は困ったふうにセシルに目を向けた。

セシル
「手短にすませろ」

 セシルはそれだけ言うと、仲間達を率いて先に行ってしまった。
 オークは馬を下りて、ソフィーと向き合った。

ソフィー
「オーク様、どこへ行かれるのですか。新しい使命ですか」
オーク
「南で難事が起きました。これから鎮めに行くところです」
ソフィー
「ならば今度こそ私を連れて行ってください」
オーク
「いけません。あなたには大事な勤めがあるでしょう」
ソフィー
「はい。……でも私たちにできる仕事はもうほとんど終わってします。後は患者自身の治癒能力に委ねるだけです」

 ソフィーはちらと負傷兵達を振り返った。確かに治療はすでに終えている。石畳の上に座り込んではいるものの、元気そうだった。
 しかしオークは、決して首を縦に振らず、むしろ語気を強めて言った。

オーク
「だからこそ患者の側についていてあげてください。今こそ心の支えが必要な時です。あなたが危険を犯してまで旅をする必要はありません」
ソフィー
「危険は承知です。……どうか私を……」
オーク
「わがままを言わず、聞き分けてください。帰ってきたら、ゆっくり旅の話を聞かせてあげましょう。――では」

 オークはそれで話を打ち切り、仲間達を追って、馬を走らせた。
 ソフィーはオークを引き留めようと思ったが、ふさわしい言葉が見付からなかった。オークの姿はすぐに向こうの角に消えてしまった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [981]  [980]  [979]  [978]  [977]  [976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]