忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/07/28 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  ■


■2016/02/12 (Fri)
第6章 フェイク

前回を読む

 覆面車がコンビニを出ると、高田は車内灯を点け、スーツのポケットから手帳を引っ張り出した。
「それでは事件について、お聞きします。110番電話と重なる部分がありますが、確認のつもりで答えてください」
「あ、はい。お願いします」
 高田はツグミのほうに体を向けて、何かを読み上げる調子で言う。ツグミはやっぱり高田が恐い、という気持ちでちょっと上目遣いになって返事した。
「誘拐されたのは、お姉さんのコルリさんで間違いありませんね」
「はい、そうです」
 高田は、メモを書きながら、ツグミをちらっと見る。三白眼の鋭さがより際立つ気がして、返事の前に「ヒィ」と声を上げそうになる。
「それで、お姉さんがいなくなった時、ツグミさんはどうしていましたか?」
 高田はツグミを気にする様子もなく、事務的な調子で質問を続ける。
「えっと、私、2階にいました。この服に着替えていて……」
 ツグミは耐えきれず高田から目を逸らし、説明しながら自分の服を見下ろした。
「それでは、いつ、お姉さんの誘拐に気付きましたか」
 高田がまたメモに目を向けながらちらっと三白眼でツグミを見る。言葉の調子は変わらないのに、三白眼のせいでどうしても睨まれているような気分になってしまった。
 ツグミは思わず言葉に詰まってしまった。いつコルリの誘拐に気付いた? どう説明していいかわからず、額に汗が浮かんだ。
「あの、カメラです。カメラが置き去りにされていたんです。ルリお姉ちゃんが出て行った後、1階の画廊に戻るとこのカメラが置いてあって……」
 ツグミはしどろもどろになりながら、高田にEOSを差し出した。
 高田はメモ帳を膝の上に置いて、EOSを受け取った。高田はまずEOSを確認するように全体を見た。
 高田が電源を入れそうになかったので、ツグミは手を伸ばしてEOSの電源を入れて、ピクチャー・ボタンを押した。
 EOSの液晶ディスプレイに光が宿り、高田の顔を薄く照らす。三白眼がやたら煌めいて、恐かった。
 高田は表情を変えず、カーソルを操作した。あの潰れたコルリの顔が映っていたはずだけど、高田の表情はぴくりとも反応しない。
 もしかしたら悪戯かと思われたのかも知れない。いや、高田は普段のコルリを知らないから、写真の異常性に気付かなかったのかも……。宮川大河の顔も写っているけど、そういえば高田が知るはずがない。
 無言の間が気まずくなって、ツグミは落ち着かないような気持ちになった。
「わかりました。ありがとうございます。後で画像をコピーさせてください」
 高田がEOSをツグミに返した。それから携帯電話を取り出し、何かしらの操作を始める。

次回を読む

目次

※ 物語中に登場する美術家、美術作品、美術用語はすべて空想のものです

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [1068]  [1067]  [1066]  [1065]  [1064]  [1063]  [1062]  [1061]  [1060]  [1059]  [1058]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]