忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  ■


■2015/11/06 (Fri)
第5章 蛮族の軍団

前回を読む
16
 森の向こうからどどどと大地が揺れる音がした。続いて騎馬の一団が現れた。騎馬達は蛮族達の一角を突き崩し、その勢いを削いだ。セシル達の騎士団だった。

オーク
「セシル様!」
セシル
「オークか。よくぞ持ちこたえたな。大した奴だ。後方の村で戦の準備ができている。そこまで退くぞ!」
オーク
「はい! セシル様に続け!」

 オークの新たな伝令で、兵士達は全力で村までの道のりを走った。
 その間に、セシル達の騎馬隊が縦横無尽に駆け回り、蛮族達を足止めした。蛮族達の騎馬隊がセシル達に挑んだ。セシルは蛮族の挑戦を受け入れた。一瞬のうちに剣が交わり、決着が付いた。その瞬間は、セシルの勝利であった。
 長城は今や、何ら防壁の役目も障壁の役割も果たしていなかった。その前後で多少滞りはあっても、それはすでに障害ではなく、蛮族の軍団はこれを潜り抜けて、北側に乗り込んできた。
 セシルはその様子を見て、自身も撤退を決めた。
 オーク達が村に辿り着くと、丸太格子の防壁が道を寸断していた。そもそもこの村も戦を想定して防壁が整えられていたが、その上にさらに急ごしらえで丸太格子の柵が立てられていた。
 オーク達は丸太格子の内側に入ると、扉を閉じた。村人達も戦いに参加した。

オーク
「王の軍団はまだですか!」
セシル
「召集はかけた! 今は耐えろ!」

 間もなく蛮族達の先頭が村まで走ってきた。オーク達は柵を盾にして、向かってくる蛮族を矢で撃ち、槍で突き殺した。
 蛮族達は次々と数が増えた。夕暮れ近くなる頃には、蛮族達の本陣がやってきて、大人数で柵に群がってきた。黄昏の光に包まれる中、格子を挟んでくっきりと峻別された両軍が、押すな押すなの大乱闘を繰り広げていた。
 夜になっても蛮族達の勢いはとどまらなかった。辺りが暗くなると、火矢の応酬が始まり、茅葺きの民家に火が点いた。
 もともと数の少なかったオークたちの軍勢は、いよいよ勢いを失う。守りの要であった丸太格子も、圧倒的な数の蛮族達に乗りかかられ、揺さぶられ、ついに崩れてしまった。
 蛮族達が村になだれ込んで、夜の暗闇に刃が光を放った。燃え上がる民家が、火の粉を上げて崩れる。
 オーク達の決死の戦いは、村を舞台に繰り広げられたが、蛮族達は溢れんばかりの勢いで迫り、オーク達を圧倒した。オーク達は、1人で何人もの蛮族と同時に刃を交えた。しかしほとんどの者は応じきれず、蛮族達の刃に切り刻まれ、命を落とした。
 間もなく次の夜明けが来た。東の空が白みかけて、夜の時間と対立しはじめた。真っ黒だった地面が、光の下に浮かび上がり、累々たる修羅を浮かび上がらせた。

オーク
「ここまでか――。全員撤退! 撤退! 城まで走れ! 城まで走れ!」

 村は蛮族達で埋め尽くされていた。もはや味方が何人残っているかも定かではない。兵士達がオークの声を聞いて、走り始める。オークは仲間達が村を去り始めるのを見届けて、自身も村を後にした。
 蛮族達はオークが指揮官だと気付いて、オークを狙ってきた。オークはそんな蛮族を振り払って走った。一緒に走っている仲間は僅かしかなかった。ほとんどの者が死に、ほとんどの者が傷つき、泥と血にまみれていた。走りながら、力尽きて絶命する者もいた。走る仲間達の中に、セシルがいるのにオークは安堵した。
 蛮族達はオーク達を追跡した。全力で走るオーク達を、蛮族達が追いかけて走る。蛮族の騎兵も追いかけてきて、槍で兵士を串刺しにした。
 走りながら、オークは倒れた者を見付けて、背負って走った。仲間達も倣って、倒れた仲間を背負って走った。
 背後から蛮族の軍団が迫ってくる。蛮族達は走りながら、斧や槍を投げてくる。兵士の何人かはそれを背中に受けて、倒れた。蛮族達は残りわずかになった王国の兵士を殲滅させようと、躍起になっていた。
 村から王城までおよそ10リーグ(55キロ)。馬で駆けても数時間かかる距離だ。だがオーク達は馬と変わらない時間で、その距離を走破した。
 平原を駆け抜け、分かれ道を横断して、街道へと入ってく。
 蛮族達の追跡は止む間なく続いた。オーク達は走った。オーク達の俊足に、その差がいくらか広がったが、追跡の手が消えなかった。
 そうして次の森を抜けて平原に達した時――オーク達の顔に初めて希望が浮かんだ。
 城の大門に至る平原の両翼に、大軍勢が待ち受けていた。貴族の召集で集まっていた兵士達だった。その中心に、ヴォーティガン王が立っていた。


「よくぞ持ちこたえたな。全軍進め! 徹底的に叩きのめせ!」

 王の軍勢が進撃した。蛮族達はオーク達の攻撃に、数も勢いも相当削られた後だった。今となっては数という面においても、武装という面においても完全に王の軍団が圧倒していた。
 王の軍勢は1万人。平原に飛び出してきた蛮族達をすっぽりと囲んでしまった。蛮族達は逃げ場を失う。王達は蛮族達に容赦のない矢の雨を降らせた。
 それから戦いは驚くほど速やかに終わった。次の夕暮れが来る頃には蛮族の軍団は壊走。残った蛮族達も逃げ出してしまった。王の軍団の圧倒的勝利だった。

次回を読む

目次

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962]  [961]  [960]  [959]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]