忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/10/20 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [199]  [198]  [197]  [196]  [194]  [193]  [192]  [191]  [188]  [187]  [186]  ■


■2009/08/20 (Thu)
7e6f69e0.jpgジェシー・ジェームズには、いくつもの伝説があった。
16歳で、南北戦争に参加し、殺人と強盗の方法を学んだ。
除隊後、その経験を生かし、数々の強盗に17件の殺人を犯した。
そして、世界で最初の銀行強盗を成功させた男だった。
8a92f315.jpg『ジェシー・ジェームズの暗殺』は日本公開時、テーマの重さからか、作品の静けさからか、ブラッド・ピット主演にも関わらずほとんど注目されなかった。だが、見るべき一作である。


a6e322f7.jpg誰もがジェシーを注目していた。
ジェシーは生きている間から、人々のヒーローだった。
毎日のように新聞はジェシーの悪事を書き、そのいくつかは物語にもなった。
そんなジェシーに憧れる若者がいた。
ボブ・フォードもその一人だった。
ボブは、ジェシーに憧れるあまり、彼の一団に加わり、列車強盗を働く。
d5bb8680.jpg物語はボブの視点で描かれていく。ボブはジェシーへの憧れを語り、自分自身を認めて欲しいと願っていた。「周囲の人間が本当の自分がわかってくれない」これがボブの潜在的な葛藤だった。

a0881c55.jpgブは、自分には才能があると信じていた。
もっと注目されるべきだ。もっと称賛されるべきだ、と思っていた。
しかし、現実のボブは、誰も注目しない。いつも、からかわれてばかり。
イメージの中の自分と、現実の自分。そのギャップが受け入れられない。
若い時には、誰もが陥る葛藤を、ボブは強く抱いていた。
f260f8d8.jpg印象的な画面や、象徴的な台詞の多い作品だ。美しい画面に見蕩れてもいいが、その背景にある作家の意味を読み取りたい作品だ。


f836edeb.jpgそんなボブに対し、ジェシーは英雄だった。
誰もがジェシーを知りたいと思っていたし、ジェシーの周囲には人が集った。
ボブにとってジェシーは、憧れの存在である以上に、理想の自分だった。
ジェシーはボブの内面を冷徹に審査して、こう問いかける。
「俺みたいになりたいのか。俺になりたいのか」
d89244c0.jpgボブにとって、ジェシーは絶対的な存在“神”であった。だが、ジェシーは「いつかボブが裏切る」と予告する。ボブは自分を受け入れて欲しいと願っていたが、ボブ自身は、ジェシーを受け入れていない。

現実は違った。
8f9c787a.jpgジェシーは物語で描かれるような英雄ではなかった。
疑り深く、凶暴で、容赦のない男だった。
ジェシーは、誰も信頼していなかった。誰もが、自分を殺そうとしていると思っていた。一方で、殺してくれる誰かを待っていた。
間もなくジェシーは、ボブを恐れるようになる。
いつしかボブは、ジェシーを殺す計画を立てるようになっていた。
3b57e87a.jpg次第にジェシーが冷徹な男であると判明する。通俗的な愛や情など通じない男。自分への裏切りがあると察すると、容赦なく暴き出し、顔色一つ殺す。ボブはジェシーへの尊敬と恐れの間で葛藤していく。

ボブは激しく葛藤していた。
ジェシーを愛しているのか、恐れているのか。
……彼に愛されたいたのか。
dff15bbd.jpg偉大なジェシーにとって、ボブは矮小な人間でしかない。ボブは神の座を願ったが、与えられたのは孤独だった。映画の後半、孤独を象徴するカットが多くなる。印象的な後味を残す映画だ。


ボブは、孤独だった。愛されたかったし、信頼されたかった。
ジェシーは、何人殺そうとも、英雄だった。誰からも愛されていた。
ボブは、ジェシー自身になりたかった。
853f3fb7.jpgしかし、望みは裏切りで返される。
注目されるようになると、人は悲しい目で地平を眺め、死を望むようになる。
いつか誰かが殺しに来る。
そんな日を恐れながら、望みをもって待ち続けるのだ。

映画記事一覧

作品データ
監督 アンドリュー・ドミニク 原作 ロン・ハンセン
音楽 ニック・ケイヴ ウォーレン・エリス
出演 ブラッド・ピット ケイシー・アフレック
    サム・シェパード メアリー=ルイーズ・パーカー
    ジェレミー・レナー ポール・シュナイダー



拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [199]  [198]  [197]  [196]  [194]  [193]  [192]  [191]  [188]  [187]  [186]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]