忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/04/30 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [333]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [323]  [321]  [320]  ■


■2009/10/03 (Sat)
335d194d.jpgaa8cfbf8.jpgそこは、“神の街”と呼ばれる場所だった。
貧しい街で、子供たちは銃を手に強盗の日々を過ごしていた。そんなある日、少年の一人、リトル・ダイスがモーテル強盗を思いつく。
8b71be52.jpgf47fb0ca.jpg少年たちはモーテル強盗を成功させるが、これを切っ掛けに警察の手が回ってしまう。少年強盗団は、この一件で壊滅したかに思えた。
ただ一つ、リトル・ダイスが行方不明のまま……。

10年後。街に、リトル・ダイスが戻ってきた。
リトル・ダイスは容赦のない暴力で、またたく間に街の支配者になる。リトル・ダイスの統率によって、街は、図らずも平穏を取り戻すことになった。
しかし、それは次なる抗争の切っ掛けであった。
b213c741.jpg018cbaec.jpg無味乾燥な新興公営住宅外。いったい誰がそこを“神の街”と名付けたのだろう。理想なき住宅計画は、いつしか荒廃したスラムへ。更正不能の悪ガキどもの巣窟となる。こんな街では、警察は拳銃携行、ヘルメット装着は当り前だ。


映画は、少年達が暴力に飲み込まれていく様子を、独特のカットセンスで描いてく。
全体を通してリズム感があり、暴力にすらユーモアがあり、引きこまれるものがある。凄惨な暴力描写が多く、いつの間にかあらゆる暴力が“ただの行為”として受け入れている我々がいる。
93500f50.jpgd64350c9.jpg左は18歳にしてギャングのボスの座に就いたリトル・ダイス。18歳とは思えないコワモテ。ギャングたちはほとんどが未成年。中には右のような年端のいかない子供もいる。リトル・ダイスは、子供に銃を持たせて「人を殺してみろ」と勧める。この街では、こんな背徳行為も普通の光景なのだ。

d674dcc2.jpg“神の街”は荒廃した街だ。
少年たちは、未来に希望がなく、日々過ぎていく日常にも意義を見出せない。そんな少年たちを活気付かせるものはただ一つ。殺人と強盗だった。
手段を選ばず、ただ金を得ること。あるいは金や品が手に入らなくても、暴れまわれる場所さえあればいい。その結果として、金がおまけ7560eb33.jpgのように手に入ればなおいい、といった具合だった。
“神の街”ではあらゆる労働に有意義は見出せない。どんな努力も報われず、一瞬の隙で何もかもが崩壊してしまう。だから少年たちにとって、暴力だけが唯一意義のあると思える行為だった。
a4ed939e.jpg退屈な日常は少年たちを無気力にさせ、刺激を求め不法行為に導こうとする。映画の語り手であるブスカ84afa235.jpgペ(左)は「正直者はバカを見るだけ」と悪事に手を出そうとするが失敗する。本当に悪党になるには、資質がいるのだ。

子供にとって、完成された社会など、退屈以外の何物でもない。子供はどこまでも奔放で、秩序だった意識などはない。その上に残酷で、89aaf66b.jpg異常なほどに欲望とプライドが強い。
そんな子供の中でヒーローになれる奴は、いつの時代も決まっている。
一番力強くて、暴力的な奴だ。そんな奴が“気に入らない大人”を叩き壊してくれる、と期待が集る。
f93c171c.jpg最悪の悪ガキはいつか街の統率者になる。
baa5e32a.jpg次に始まるのは、悪ガキ同士の殺し合いだ。大人たちがやったように、子供たちは同じやり方で同じ状況で殺し合いを始め、最後には自分達より若い子供に殺される。

“神の街”は子供たちに更正など望んでいない。腐敗した街は、住民に堕落と放蕩を望んでいる。
犯罪が日常的な街にとって、麻薬取引はやはり日常だ。
犯罪者が統率する街においては、犯罪は一種の事業となって、一般社会との結びつきを持ち始める。
そうして悪ガキどもが中心となる、一つの社会を形成するのだ。それは近代の都市が生んだ、もう一つの“蠅の王”だ。

映画記事一覧

作品データ
監督:フェルナンド・メイレレス
原作:パウロ・リンス 脚本:ブラウリオ・マントヴァーニ
音楽:アントニオ・ピント エド・コルテス
出演:アレクサンドル・ロドリゲス アリシー・ブラガ
〇〇〇レアンドロ・フィルミノ・ダ・オラ セウ・ジョルジ
〇〇〇ドグラス・シルヴァ ダルラン・クーニャ



拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [333]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [323]  [321]  [320]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]