忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [247]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [238]  [236]  [235]  [234]  ■


■2009/09/07 (Mon)
62d73404.jpg西暦1080年。
スペインの領土は、キリスト教徒と、ムーア人との争いで、分断されていた。
ビバールの貴族であるロドリゴは、ムーア人との戦いに勝利し、その王を捕虜とする。
3e28a5d9.jpg71c7f5af.jpg仲間たちは「処刑すべきだ」と主張するが、ロドリゴは「捕虜を殺せば、争いの火種になるだけだ」と判断。
捕虜の命を助け、解放する。
すると捕虜であったムーア人の王は、ロドリゴに“エル・シド”の称号を授け、忠誠を誓う。
c9c53a46.jpg
しかし、捕虜の解放はスペイン王の反逆であった。
ゴルマス伯爵は謁見場において、ロドリゴを反逆罪として告発する。
さらにゴルマス伯爵は、弁護に訪れたロドリゴの父を殴打し、侮辱すbe9802a7.jpgる。
その日の夜、ロドリゴはゴルマス伯爵の前に現れる。
ロドリゴは、剣を手に、父を侮辱した謝罪を求める。
ゴルマス伯爵は、強情に謝罪を拒否。
34703d27.jpgロドリゴはゴルマス伯爵と剣での戦いになってしまい、殺してしまう。
ゴルマス伯爵の娘シメンは、ロドリゴと結婚を誓い合っていた。
それもゴルマス伯爵殺害によって、引き裂かれてしまう。
3baa4403.jpgf19c71c6.jpg王の死とともに、貪欲な二人の王子が領地を巡って口論。ナイフを手にとって、殺し合いをはじめてしまう。

その後間もなく、フェルディナン王が死亡する。
すると二人の王子が、互いの領有権を巡って争いを始める。
どちらも譲れずに決別。国は、二人の王子のために分裂してしまった。
そんな最中、イスラム教徒のユサフはこれを機会に、とスペイン進行を計画していた。
ba3f6c31.jpg映画『エル・シド』は露骨にキリスト教側の視点で描かれている。イスラム教徒は、黒ずくめの悪の集団という描き方だ。今、再び『エル・シド』を制作したら、そのようには決して描かれないだろう。


“エル・シド”は実在の人物だが、その実像はやや神話めいている。
死しても馬にまたがり、敵の軍勢を蹴散らしたとか、愛用した剣は、妖精が鍛えたエクスカリバーと同じ由来を持つ剣であるとか、そうした伝説がいくつも語り継がれている。
9c02b48f.jpgセットや衣装、小道具はどれも堂に入った作りだ。歴史的な風格や趣を感じさせる。デジタルを使用しない時代の大作映画の作り方だ。実際の古城なども登場するので、セットとの見極めが難しい。


61d7ade3.jpg画は、1961年に製作され、上映時間は3時間を越える大作である。
チャールトン・ヘストンやソフィア・ローレンといった名優が共演する。
実物大の城のセットを製作し、煌びやかな衣装に、豪華な装飾品や、調度品の数々。夥しい数の群集。
デジタル技術のない時代、目に映るすべてを人間の力だけで制作した。紛れもなく、映画史上最大規模の作品だ。
a3e9643c.jpg現代の視点で見ると、残念ながら荒が目立つ映画である。特に後半の戦いのシーンは、技術の水準が映画の求めているレベルに達していない。デジタル云々ではなく、カットスピードの進歩、スティディカムやハンディカムの発明、映画文法の発達。映画の規模、風格は申し分ないが、技術面で早すぎた映画といわねばならない。
ただし、難点は、敵として登場とするイスラム教徒の描き方だ。
残虐な性格で、イスラムの軍勢は黒ずくめで、いかにも悪者の軍団という感じだ。しかも、イスラム教徒なのに英語を話している。
映画史に残る傑作だが、この当時の特色が難点だ。
2adc938b.jpg伝説に彩られたエル・シド。題材としては今でも充分に通用する英雄譚だ。だが作品の規模や予算以上に、映画自体が『エル・シド』という題材に追いつけていない感じだった。現代の技術、感性、視野の広くなった知性ではどのように描かれるだろう。作品が大きすぎてリメイクの話は聞かないが、少し想像を巡らしたい作品だ。
映画の中のエル・シドは、伝説上の人物ではなく人間として描かれる。
ただし、とてつもなく高潔な英雄だ。
例え王であろうとも、誠実でなければ従おうともしない。
真に国のために、決して腐敗と結びつかず、たった一人でも戦いを挑もうとする。
そんな人物の姿に、民衆は、王よりエル・シドの元に集結する。
エル・シドは、後に伝説として語り継がれる人物だ。
しかしその生き様は、生きている頃から、素晴らしい輝きを放っている。
この映画も同じように、永久に輝きを放ち続けるだろう。

ウィキペディアの『エル・シド』の記述
ウィキペディアの『レコンキスタ』の記述(この物語はレコンキスタの時代を背景に描かれている)

映画記事一覧

作品データ
監督:アンソニー・マン 音楽:ミクロス・ローザ
脚本:フレドリック・M・フランク フィリップ・ヨーダン
出演:チャールトン・ヘストン ソフィア・ローレン
〇〇〇ジュヌヴィエーヴ・パージュ ジョン・フレイザー
〇〇〇ゲイリー・レイモンド ハード・ハットフィールド



拍手[0回]

PR
にほんブログ村 アニメブログへ
■ [247]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [238]  [236]  [235]  [234]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]