忍者ブログ

89c79c73.png
■ コンテンツ ■

ad17d9bc.png 2f3a1677.png c1a81a80.png 9452a147.png 5350f79a.png 01b9b1e8.png 29aa8305.png d5525adf.png 0e6a6cf4.png b76ca7e7.png fea5d7ae.png
■ Twitter ■

■ ブログランキング

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
■ ショップ

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
■2017/08/18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 アニメブログへ
■ [716]  [715]  [713]  [712]  [711]  [709]  [706]  [704]  [703]  [697]  [696]  ■


■2010/08/18 (Wed)
絶望先生23集日常生活を送っていて、ふと気付くことがある。
――この事件、絶望先生のネタでやってたなぁ……。
ニュースで見かける様々な事件と、その周辺で起きるかびますしい意見・批評の数々。その過程を追いかけていくと、現実の事件が絶望先生のネタをなぞっていることに気付く。
「九条死守!」「憲法改正!」……噛み合わず、噛み合せるつもりがはじめからない対極の議論(つい最近、終戦記念日でその実例を見たばかりだ)
「我々は~」とやたら主語のでかい主張をしたがる人。
終了を知らされて、初めてお祭り騒ぎを始める日本人の気質。
行き先不明といいつつ、予定調和のシナリオ通りに粛々と事態を進行させたがる政治やメディア。
『さよなら絶望先生』は風刺漫画である。風刺漫画であるから、実際の事件や事故をギャグ漫画として皮肉って見せているだけである。某小林よしのりのように、政治そのものを主導的に提示するという作品ではない。ただただ、日常の事件に様式的な法則を与え、そこにブラックな笑いを盛り込むのが『さよなら絶望先生』である。
社会に対して何ら影響力も持たないし、そもそも事件の後からなぞっているだけの後追い作品である。しかし、それも数を重ねていくと、違う視座が現れてくるのに気付かされる。それは、日本人の思考のモデルケースである。
日々どこかで起きる事件、あちこちで交わされる意見や批判の数々……。そんな世相と接していると、ふと『さよなら絶望先生』のネタに照らし合わせて考えている自分がいる。
「その意見、『さよなら絶望先生』のネタであったよな……」と。
『さよなら絶望先生』は、風刺漫画に過ぎない。しかしその積み重ねが、いつの間にか日本人の思考様式、行動様式そのものをなぞり、モデルケースを作り上げようとしている。
たかが12ページのオチを忘れたギャグ漫画、と思いきや、思いがけない奥深さを描き出しているのが『さよなら絶望先生』という作品である。と、書こうと思ったら、すでに『さよなら絶望先生22集』のネタに取り上げられていたから困ったものだ。どこまでいっても『さよなら絶望先生』のネタに捉われる罠である。
今回23集の表紙は小柄な音無芽留である。あらすじも、音無芽留にちなんだ内容になっている。

前巻までのあらすじ
めるちゃんがまよいこんだのは、おそろしいおそろしいでんぱのとどかない森でした。アンテナ三兄弟がそろわないと、でんわがかけられません。でも、このアンテナ三兄弟はおおげんかをして森のあちこちにバラバラになってしまったのです。「三兄弟、なかよくいっしょにくらしてください」めるちゃんはおねがいしました。そこに、あたまのはげたうさぎがあらわれて、ぼくのかいしゃのでんわにすれば3人あつめてあげるよ、と言ってきました。だまされちゃだめだ。いちどそのかいしゃにすると、なんねんもかえられな……

211話 知りすぎて普通の男
c595db9b.jpgある朝、目が覚めると小石川町全域が大雪に埋没してしまっていた。あまりにもすごい雪で、民家の屋根もことごとく雪の下に沈む有様である。
そんな状況を見て、風浦可符香がポジティブにこう発言する。
「これは――凄すぎて、平気!!」
大事より小事のほうが大変。そう思える瞬間がしばしばある。
例えば、中途半端に雪混じりの雨だとぐしょぐしょになって大変だが、町が沈むくらいの大雪になるとかえって平気、と思えてしまう。
中途半端に高いビルだと怖くて足がすくむけど、飛行機くらいあまりにも高いと、何とも思わなくなる。
中途半端な額の借金だと大変だと思うけど、「100億円の借金」とかまでいくと、訳がわからなくなってむしろ平気。というか自慢の種になってしまう。
そう。世の中、凄すぎるとかえって何とも思わなくなる瞬間があるのだ。

212話 悦子立場逆転
c59b9824.jpg2月14日。今年もバレンタインがやってきた。
「受け取って下さい!」
女子生徒に人気の糸色望もとに、いくつものチョコが集ってくる。
しかし、そんなやりとりを見ていた木津千里が疑問を呈する。
「その言い方はおかしい。何で、あげる側が下出に出ないといけないのでしょうか? どこぞの進駐軍が、『チョコレートもらって下さい。』なんて言いますか?」
チョコはともかく、もらう側のほうが何故か態度が大きい、という事例はいくつも見られる。
例えばODA。日本は援助する側だが、援助される側は「もっと出せ!」と当り前の権利のように要求してくる。
道を知らないタクシー運転手に道を教えないといけなかったり、
アシスタントのコミケ参加の都合で、漫画家がスケジュールを変更させられたり。
受け取る側のほうが立場が上、という世の中の不思議。力関係が逆転した『逆・下克上』が世間に、いや世界に広がりつつある。

213話 戸棚の奥深くのソクラテス
f7579c12.jpgクラス一同で映画鑑賞。作品は3D上映で話題となっている『アバター』である。
「面白かったね。立体で」
満足気な風浦可符香。
「昔の3Dはただ飛び出してくる感じだったけど、今の3Dは奥行きが感じられるのね」
と続ける日塔奈美。
しかし、隻眼の小節あびるはいまいちだった様子。
そこに絶望先生が現れ、余計なことを語りはじめる。
「薄っぺらい者ほど、奥行きを求めるものです」
薄っぺらい人間ほど、何かにつけて奥深いと思いたがる習性を持っている。
例えば、単純な汚職での逮捕を、実は奥の深い陰謀が隠されていると思ったり(小沢と鳩山が絡んでいたら、本気で裏があるんだとしか思えないが)
ただ髪を切っただけなのに、深い理由があるに違いないと思ったり、
ただのギャグ漫画のネタに、「日本人の思考のモデルケースが云々」といい始めるこのブログとか、
ぼーっとしてての見逃し三振を、奥の深い心理戦があったに違いないと解説したり――。
そのうちにも少女たちは何でもない事件に、何か奥深い陰謀や闇組織の存在を想定し始める。

214話 滑りゆく新世界
a0b05cfe.jpgいつもの日常――。変化のない繰り返しの日々。この何ともいえない閉塞感。ルーチンワーク。そうだ、私達は変わらなければならない。
変われるさ、きっと。強い思いがあれば、成し遂げられないものはない……。
「新しいことがやりたかったんだな、ってのはわかります」
いきなり現れて、冷や水をぶっかかる新井智恵。
確かに最近、「変わらなきゃ意識」が強すぎて、逆に迷走しはじめるケースが多く見られる。
ミスユニバース日本代表の衣装。
最近の『美の巨人たち』の自由すぎる演出。
一人じゃできないネットの確定申告。
ベテラン作家に、萌まんがのフキダシ係。
無理に現状を変えてもろくなことがない。現状維持が難しいのなら、むしろゆるやかに衰退していったほうがいい……。
とそこに現れたのは、軍服姿の木津千里。
「日本は変わらなければならない! 日本人には改革が必要なのです!!」
糸色望の余計な提示によって、木津千里が決起してしまった!
学校は間もなく木津千里の赤い勢力に制圧されていき……。

215話 身代わりひな人形のラブソング
8697d654.jpgひな祭りとはそもそも何の祭事であったのか?
元々ひな祭りとは、女の子に降りかかる災厄を、代わりにひな人形に引き受けてもらうための儀式。つまり、スケープゴートである(Wikipedia:雛人形)。
日常の例で言うと、政治家の責任を秘書に転嫁したり、
学校でガラス割って友達のせいにしたり。
しかし災厄をひな人形だけに背負わせるのは酷ではないか? そこで、ひな人形を製作する糸色人形堂は考える。
ひな人形に小さなひな人形を与え、ひな人形が背負わされた災厄を、さらに小さなひな人形に背負わせたらどうだろう。その小さなひな人形にはさらに小さなひな人形があてがわれ……。
生け贄の保身のために、さらなる生贄を作り出す。
つまり、「家族サービスをしない」と奥さんに怒られた編集者は漫画家の原稿が遅いせいにして→漫画家は執筆の遅れをアシスタントのせいにして→アシスタントはパソコンのせいにして→パソコンは予期せぬエラーのせいにする。
どこまでもどこまでも続く責任転嫁の連鎖。そして、誰も責任を取らないのである……。

216話 ルールとミミ
74cec018.jpg今日はテストの返却日だ。
「あちゃー……」
それなりに自信があった日塔奈美。しかし、結果は15点という惨憺たる有様。落ち込んで自分の席に戻る奈美だったが――。
「ん? あれ?」
隣席の風浦可符香の答案用紙を覗き込む。たった一問正解しているだけで、なんと85点獲得。対して30問正解の自分は15点。
採点がおかしいのではないか? 奈美はそう糸色望に抗議するが――。
「テストは作る側のルール(配点)次第で、あなた方の点数などどうにでもなるんです!」
身も蓋もない意見を言い始める糸色望であった。
挑戦者はいつも主宰者の「ルール変更」に翻弄され続ける。
水泳で世界新記録を出したら、規定を変えて日本の水着が使えなくなったり、
柔道で日本人が強すぎるから、西洋人有利のルールに変更されたり、
わざわざ禁止物質の規定を変えて、日本製品を締め出したり……。
ルールを作る側、変更する側が実はもっとも強く、挑戦者の努力はその度に徒労に変えられてしまう。
その一方で、新ルールに対応できなかった自分が悪い……そう思う者もいる。


217話 起承転結を思ひがけんとすれば
1378a813.jpg ある朝、食事をしながらテレビを見ている糸色望たち。ふと、テレビに風浦可符香が登場する。
「私の家の前にも桜の木があるんですけど、実は先日、こんなことがありました。桜の木の前を全身黒ずくめの園児の集団が通ったんですよ」
続きがあるのだろう、とじっと黙って見ている糸色望。しかし、話に続きはなく、それきり画面は変わってしまった。
「だからそれで? オチは?」
困惑する糸色望。
それは『起承庁』の報告であった。起承転結の『起承』。『転結』がない。だから、話にもオチがない。
納得行かない糸色望は、風浦可符香本人に合ってオチを問いただそうとする。だが風浦可符香は、頑なにオチはない、と答える。なぜならば、「『転結』を知らないほうが希望に満ち溢れているから」。だから、話のさわりだけを発表するのだ、と。
納得しかける望だったが、そこに対抗勢力の木津千里が現れる。
「そうはいきません。『転結』はきっりちとつけないと!」
木津千里は《転結手帳》を手に、あらゆるものにオチをつけようとする……。

218話 オンリー・ハル・キラー
06c399d3.jpg学校帰りに絶望少女たちが近くの神社を寄り道していた。長い階段を昇ると、街を眼下に見下ろせる神社が現れる。温もりのある風が、桃色の花びらを混じらせながら心地よく吹き抜けていた。
春一番だ。
「いい風……」
木津千里がうっとりした表情で、風を全身に浴びていた。
と、そんな場面に風浦可符香が振り返り、こう言う。
「ナンバーワンより、オンリーワンだよ。春一番より、春オンリーワンのほうが尊いんです!」
世の中、何でもナンバーワンよりオンリーワンを尊ぶ風潮がある。そして、春になると確実に増えるのが危ないオンリーワンの人々。
全裸にネクタイしている、オンリーワンなファッションの人とか(大宙さん、出番です)
職質されたら宇宙海賊と答える、オンリーワンの職業の人とか、
見えない嫁を貰っている、オンリーワンの婚活の人とか。
しかし、そんな風潮に糸色望が異議を唱える。
「意外とたくさんいるものですよ。あなたの言うオンリーワンと思しき人は。それが本当にオンリーワンと証明できますか? 世界中どこにも他にいないことを、証明できますか!」
絶対証明できない検証を『悪魔の証明』という(Wikipedia:悪魔の証明)。本当にオンリーワンであると主張するならば、世界中のなにもかもを調べて証明しなければならない。しかし、それは絶対にできない検証である。
そんな証明を迫られる事例が、現実世界のあちこちで起きている。
「浮気していないって証明しなさいよ!」
「NHKの集金でーす。NHKを見てない? 見てないことを証明して下さい!」
「いくら掘っても何も出ませんよ?」「埋蔵金が絶対出ないことを証明しろ! 俺はマントルまで掘るぞ!」
それでも世の中は、不可能な証明と検証を要求する。

219話 たわむれにリスクを背負いて
93c645c1.jpg「春だから、何か始めてみませんか?」
桜の並木通りを歩きながら、風浦可符香が明るく提案する。
「私はツイッターを始めたよ」
日塔奈美がソフトバンクのアレを引っ張り出し、答える。
そんな様子を、糸色望が冷ややかに見詰めていた。
「何でそう、わざわざリスクを増やすのですか?」
『ダモクレスの剣』というものがある(Wikipedia:ダモクレスの剣)。
昔、ダモクレスという男が王様の生活を羨んだので、王様は、ならばとダモクレスを玉座に座らせた。するとその玉座の上には、髪の毛一本ほどの細い糸で吊るされた剣があった。
王はただ富に囲まれて、権力を振りかざせるというだけではない。常に危険にさらされているのだ、という教訓を物語にしたものである。
興味半分でブログやツイッターなどを始めてみても、どこかで迂闊な表現を書いてしまったり、何でもない行為のつもりが犯罪であると指摘されて炎上を引き起こしてしまったり、何でもない発言のつもりがやっぱりある人たちには問題と指摘されて炎上を引き起こしたり、書いたら炎上、書かなくても炎上、はっきりいって、ブログもツイッターも無用なリスクを背負い込むだけで何ら利益を得るところはない。1年ブログ書いた私が言うのだから間違いありません。ブログなんてものは書く側はリスクだらけで、なんら利益のない仕事です。
世の中、背負う必要のないのに、わざわざリスクを背負い込んでしまう人がたくさんいる。そう、例えば……。

220話 繋がれた毎日
4e43f0c3.jpg人気アイドルユニットAKB(アカバネ)84。その舞台裏で、密かな会談が行われていた。
「さーて、次はどうやって搾取してやろうかな?」
根津美子がコンサート後の涼しげな汗を浮かべながら、その日の議題を口にする。
「穴コンサートってどうかな?」
丸内翔子が提案する。
「CD買ってくれた分の大きさだけ、幕に穴が開いてコンサートが観れるの。ちなみに幕は五重くらいで」
あまりにもお行儀のよろしくない商売。それは商人としての信義に反するのではないだろうか?
否。ファンというものは自分がどれだけ搾取されているかを自慢しあうものである。だから、自分たちはファンのために搾取してあげているのだ、と丸内翔子と根津美子は語る。
それはつまり『奴隷の鎖自慢』である。
囚人が監獄の中で「俺は前科6犯だ」「俺なんて前科10犯だぞ」と自分についた鎖の太さと重さを自慢し合うアレである。
アイドルとファンの関係もそれに近いものがある。だからこそ、ファンの首についた鎖を太く重くしてあげるために、運営者はありとあらゆるグッズを用意してあげているのである。
それは少しも特殊ではなく、実は日本人の性格のひとつを言い当てている。鎖と足枷に安らぎを見出そうとする日本人の特質を指摘する一篇である。

さよなら絶望先生《本家》 目次ページへ

読書記事一覧

漫画・著作:久米田康治
編集・出版:講談社
連載:週刊少年マガジン《2010年発行 第10号~第21号(第17号・第19号休載)》

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ





拍手[0回]

にほんブログ村 アニメブログへ





当ブログは『ヒックとドラゴン』を応援しています(建前で)
あとネタ解説

150c46f7.jpg212話 悦子立場逆転
「やるよ。」
82話『大チョコもり』での3/1の告白を思い出す。嫌いじゃないな、そういうの。





861b9b7b.jpg212話 悦子立場逆転
『AKaBane84』
某アイドルグループ(AKB48)模した『アカバネ48』。メンバーには第196話『くみあわせ』に登場したあの女性もいるようだ。地味に出番が増えている脇キャラクターだが、22集内でも名前は明らかにされなかった。
『アカバネ48』は219話にも登場するので、その話題はまた後ほど。






c8a4cfd6.jpg213話 戸棚の奥深くのソクラテス
日塔奈美のパンツ。スカートが短く、常に風になびくように表現されていても、絶対に見せない鉄壁さを維持してきたのに、この頃むしろ緩くなってきた。
結局、パンツを見せたほうが注目される人気が上がる……ということを理解したのだろうか。
まあ、いずれにしても……何か嬉しくないパンチラだ。
そういえばパンツ見せ担当だった木村カエレはどうなったのだろう? 22集では一度も登場しなかったのだが。




7a0f80fd.jpg同じく213話
パンツ……ではなく包帯?
線が少ないのはいいのだが、もう少し股間の立体をしっかり描いてほしいところだ。







b74c7ddb.jpg213話 戸棚の奥深くのソクラテス
毎回ツッコミどころが多い箇条書きネタ(ツッコミを誘っている、が正解)
今回の注目はこれ。
『子供の絵には深層心理が現れているに違いない』
以前、「子供の絵から深層心理を分析する」という感じの本を読んだが、内容のひどさに笑ってしまった。
第一に言って、「それは心理学の問題ではない。絵画技術の問題だ」という基本的問題。絵のうまい下手などは、技術と習熟度、それからその本人の美術的感性の問題だ。心理学は何も関係ない。
美的感性の問題は、カメラを持たせるとよくわかる。立派に成長した大人でも、「何でこんなセンスのない構図を?」と思うような写真を撮ったりする。カメラはシャッターさえ押せば誰でも同じ絵が撮影できる、と思われがちだが、実際には美的センスと対象への観察力が問われる道具だ。カメラは大人か、子供か、というのを無関係に構図作りの才能を選り分ける道具である。
恐らく、あの本を書いた精神分析医は絵画の鑑賞法について何もわかっていなかったのだろう。
それにしても、絵のうまい下手で「この子の精神は健常」「この子は異常」と振り分けられてしまう子供たちは大変だ。


213話 戸棚の奥深くのソクラテス
読み返してみて、「おや?」という台詞を見つけた。
日塔奈美「昔の3Dはただ飛び出してくる感じだったけど、今の3Dは奥行きが感じられるのね。そう思わなかった?」
小節あびる「ん。私、眼帯したままだったから。あまり……。というか、ただの2重線で……」
……え? 2重線?
どうやら久米田康治先生は、まだ3D映画をご覧になっておられないようだ。今の3Dは赤と青の2重線ではありませんよ~。
(関連:アバター・3D映画体験記

944ee509.jpg214話 滑りゆく新世界
小節あびるの台詞
「何か右の頁。某漫画家が美大落ちた時の平面構成みたい。80年代臭がするし」
何かおかしいような?
→「美大に落ちた漫画家が描きそうな平面構成みたい」
あまり直ってないか……。
あびるの台詞が何となくおかしい、というのは以前から気になっていたが、どうやらそういうキャラ付けだったらしい、と今さら気付いた。
第156話 君よ知るや隣人の国
「相当みんな集中力乱している人いたみたいだけど。私はそんなに気にならなかったのですが」→「みんな相当、集中力乱していたみたいだけど」
ずっと気になっていたが、やっと解決した。あびるは言い回しがちょっとおかしいキャラだったのだ。


ed29cc76.jpg216話 ルールとミミ
いや、そこはマイナス5点だろ。








465fcfe3.jpg216話 ルールとミミ
日本人はルールに対してあまりにも従順すぎる。西洋人がルール変更を行使しようとする時、必ず自分たちが優位に立ちたいという動機が存在する。
経済的な規制。オリンピックのルール変更。からかい半分の「日本は児童ポルノに対して法整備が遅れている」という批判。
そういった諸々に対して、なぜか日本人は疑問を持とうとせず、あちらが提示したルールに屈服する。西洋人は絶対に正しいのだから、無条件に屈服すべきだ、とすら思っている。
……まあ、ルールを守りつつ高度なものを作り出すのが日本人の底力だったりするんだけど。


d86cbcf4.jpg216話 ルールとミミ
おまけ漫画より。
何となくいい話っぽい終わり方をしているのだが……。
背景左側。スカイツリーが描かれている。過去の話ではなく、未来の話?



98397345.jpg218話 オンリー・ハル・キラー
この頃、「パクリだ!」と大騒ぎする人が増えているように思える。いや昔からいたけど、ネットの力で発言力が無用に大きくなり、それに釣られて大騒ぎしちゃう人が増え、結果的に増えたように思える。
酷いな、と思ったのが、ある絵画中に描かれたキャラクターの持っている本が、実在する本と酷似している、というだけで大騒ぎになった事件。作者であるイラストレーターに非難が集中し、イラストレーターは謝罪し、該当作品を含めその他の全ての作品を引っ込める事態となった。
それはパクリではない。引用だ。その区別のつけられないまま火がついて大騒ぎし、作者から謝罪を要求したがる人が確実に増えている。
例えばフェルメール(Wikipedia:フェルメール)が1668年ごろに描いた『天文学者』。机の上に乗せられている天球儀は実在するJ.ホンディウス作の天球儀であると特定されている。その手前に開いて置かれている本は、1621年出版のメティウス著作『…天文学・地理学案内書』だ。だが、これを特定した冷静な研究家は「フェルメールはパクリ作家だ」などとは言わなかった。
そもそもからいって、真実にオリジナルの作品などこの世には存在しない。どんな作品でも、どこかで必ず過去の作品の残像が現れてくるものだし、美しい構図やポーズといったものを模索していくと、作品は黄金率などの法則性などに縛り付けられてしまう。
現在進行形で発表されている作品に、過去のあらゆる絵画、写真などの構図・ポーズを当てはめていけば、一致する何かが出てくるのは当り前だ。作者が見たことのないような写真や絵画を突きつけて、「この絵の指先が一致するパクリだ。謝罪しろ!」などと言われても困惑するだけである。
物語の世界に目を移すと、人間が創作する限りある程度似通った法則性が出現する、という研究をジョゼフ・キャンベルが何十年も前に論文で発表している。
それでも何が何でも謝罪を要求したがる今の風潮はどうなのだろう? 彼らは隣の国の出身なのだろうか? 若い人は「似ている」と(本当に問題な)「盗作」の区別がつけられないようだ。
(本当に問題な盗作というのは、2005年芸術選奨で起きた盗作事件のことである。和田義彦作品がイタリア人画家アルベルト・スーギ作品のまったくのコピーであった。画題、構図、色彩、コンピューターで重ね合わせると全てが一致するという問題作である。この場合ならば、本当に問題にしていいだろう)
たかが「似ている」だけの類似程度なら、作り手は誰も気にしない。大騒ぎして《問題》にしたがるのは、物作りというものを何もわかっていない素人だけだ。

9935756c.jpg219話 たわむれにリスクを背負いて
切ってやりたい。猛烈に。
いや、切ったら国民に剣が落ちる罠なのか。
あの総理の国外でのおバカ発言の数々、撤回できないだろうか。「『CO2マイナス25%』宣言が世界で大絶賛」などという嘘を報じたマスコミも一緒に責任を取ってほしいところだ。





472ad3da.jpg219話 たわむれにリスクを背負いて
そーっとしておいてください。
誰だっていかがわしい何かをネットで買っちゃったりするでしょう。個人情報が流出しても、あえて検索などしないのが優しさです。














b1d76072.jpgおまけ漫画より
22集おまけ漫画に登場する千里は、なぜかヘアバンドを着用している。
23集から新しい衣装替えがあるのだろうか?
似合ってるから良しとする。





5e701b9a.jpg220話 繋がれた毎日
扉絵より。
ラジオ番組(『さよなら絶望放送』)で少し話題になっていたが、うろペンは2巻辺りからずっと扉絵に登場している(ちゃんと確認してないけど)
気付いていなかった人は意外といたようだ。











6bd7b429.jpg
220話 繋がれた毎日
人気アイドル『アカバネ84』。220話になって具体的メンバーが登場する。丸内翔子に根津美子、大浦可奈子、中国人工作員、その他となっている。
それから、あのお隣の女子大生もメンバーの一人のようだ。名前を見ると『尾吐菜梨』……。なにやら無理がある命名である。可符香の本名ではないだろう。
ついつい『尾吐菜梨』の写真集を大量に買い込んでしまう糸色望。今でもほのかな恋心を抱き続けているようである。

0136ce2a.jpg







220話 繋がれた毎日
なんだか話が重くなりすぎて笑えない……。
今にして思えば、『ノストラダムスの大予言』が信じられたのは、日本人の根深い深層心理的な何かが関わっていたのだろう、と思う。
「円高だ! 日本経済はもうおしまいだ!」「デフレだ! 日本は破綻する!」「若い世代がゆとり教育で馬鹿になった! 日本の将来はもうダメだ!」「若い人が車に興味を示さない! 日本の若者はもうダメだ!」「若い人がテレビに興味を示さない! 日本の若者はもうダメだ!」「若者がアニメの夢中になっている! 若者が狂っている証拠だ!」「CO2が増えている。もう地球はダメだ!」
黙れっつーの。
f6a3eac9.jpgなんとしても「日本を破滅させたい日本人」がこの国にはたくさんいるようだ。彼らの思考や行動原理的なものの根っこにはいったい何があるのだろう?
そこまで問題を抽出し、列挙できるだけの洞察力があるのなら、「じゃあどうするべきか」を考えるのが普通だと思うが、彼らはただただ「問題だ!」と叫ぶだけでそこから前に進もうとしない。いや、進もうとすること自体を恐れているように思える。問題解決の切っ掛けが目の前にあっても、あえてなのかその方法を無視し、危機的状況に身を置こうとする。
何か心理学的な病根が絡んでいるように思えるのだが。それを明らかにすれば「問題だ!」と叫ぶだけで何もしない大多数の日本人の意識を変えられると思うのだが。
日本人を縛り付けているものはいったいなんなのだろう? よくわからない。

さよなら絶望先生《本家》 目次ページへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ




PR
■ [716]  [715]  [713]  [712]  [711]  [709]  [706]  [704]  [703]  [697]  [696]  ■


■ ブログの解説 ■

漫画・アニメ・キャラクターを中心に取り扱うブログです。 読みたい記事は、左の目次からお探しください。

QLOOKアクセス解析


■ ブログ内検索  ■

私が描きました!

アマゾンショップ

アマゾンのサイトに飛びます
フィギュア

アニメDVD

新刊コミック

ゲーム

ライトノベル

楽天

アマゾン<シャッフル>ショップ

私が描きました!

Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]